2013年1月27日日曜日

Top Gearの出演者のファッション

 
日本のBSでイギリスのTop Gearという車の長寿番組を放映しています。Top Gearと言う番組を一言で説明すれば、イギリスの『最高にイカれた自動車バラエティ番組』であります。このような番組は日本では制作できないなどと比較されていますが、あの品質で制作できるのはイギリスだけだと思われます。ちなみに番組中に出てくるテストドライバーの初代STIG氏は、先日封切りされた007 Skyfallのスタント ドライバーを担当していました。

出演している彼らは良く見るイギリス流のお洒落をしたオッサンたちでございます。ジャケットにシャツ、デニムに革靴といったスタイルで、特にデニムは股下が長いので裾が地面と接触していて全体的にゆったりとしています。比較的小柄なRichard Hammond氏は好んでBelstaffの革ジャンを着用し、学者風味のJames May氏は革靴にこだわった感じが見受けられ、2m近い長身のJeremy Clarkson氏はサイズが合えばいいや的な服装をしております。(参考)

ではこのような服装が日本においてカッコイイかと言えば微妙であり、彼らの言葉で表現したとすれば『旧石器時代から進歩していない野蛮人(savage)の服装』みたいな感じです。一番の問題点は太くて長いデニムです。現代の日本風にするなら細身で裾幅19cm前後のデニムをくるぶしの下あたりまで短くし、シャツも細身にして裾をパンツに入れ、さらに太めのベルトでも見えるようにすれば、彼らにとって大きなお世話でありましょうが見栄えがよくなると思われます。


0 件のコメント:

コメントを投稿