2013年6月30日日曜日

Parajumpers(パラジャンパーズ)のアウターウェア

 
Parajumpers Gobi

以前にも少し書いたのですが、私がイタリアン カジュアルの服装をしていたときに好んで着用していたブランドがPARAJUMPERS(パラジャンパーズ@parajumpers_official)です。Parajumpersのジャケットはアメリカのハリウッド俳優さんが着用したり、Top GearのJames May氏も番組内で着用していました。ジャケットの特徴は金属製の留め具が取り付けられたチン ストラップと左胸部の大きなポケットです。

Parajumpersのジャケットは冬場の都会で着用すると建物の中でサウナ状態になります。それもあって私は外にいる時間が長い場合にしか着用しません。Parajumpersは近年夏モデルでポロシャツやTシャツなども積極的に展開するようになりました。とは言え、私といたしましてはParajumpersは冬場のイメージです。特に冬でもあまり寒くない都会より、山岳部などのフィールドで似合うジャケットであると思います。

Parajumpersが日本に入ってきた当初は入荷が安定せず、取扱店舗を探すのが一苦労でした。私が購入した中にはサンプル品の珍しい革ジャンなどもあったのですが、現在はジャケット類が1点しか残っていません。化学合成繊維のジャケットは一見すると防水のように見えるのですが、雨はダメであります。特に縫い糸が防水されていないので、そこから雨が浸入します。しかし冬モデルのジャケットの防寒性は高いので、冬場は薄着の上に着用するとオシャレなオッサン&お嬢さんになります。

Parajumpersは現在国内ではmatopo(マトポ@matopo_official)が都内や関西圏で主に取り扱っているようです。またParajumpersのジャケット類は大きめなので、購入する場合はワンサイズ下げるとよろしいかと思います。

【関連記事】
ちょっと気になるParajumpersのHarris




2013年6月28日金曜日

CHAPAL(シャパル)のブルゾン

 


5年ほど前にニューヨーク市に旅行をいたしました。他にも目的地はあったのですが、中継地としてニューヨーク市に滞在しました。世界に名だたるニューヨーク市を訪れたのはその時が初めてでしたが、道路整備の悪さや食事のマズさや物価の高さなどは予想通りでした。そしてニューヨーク市における主な目的は、日本にはあまり無いイタリアなどの海外ブランド探しでした。

当時はCHAPAL(シャパル@chapal1832)のブルゾンに興味を持っていたのですが、元々国内の流通量があまり無いブランドなので実物を見る機会がありませんでした。あらかじめニューヨーク市には販売店があることを調べてあったので、直接お店に行くと偶然にも70%OFFで羊革のブルゾンを販売していました。しかしそのブルゾンはあまり趣味には合わないので、代わりに同じようなお値段のピーコートを購入してホテルに戻りました。

ホテルに戻って良く調べてみると購入したピーコートはCHAPALでは無いブランドでした。良く見ないで購入した私が悪かったのですが、見た目はそれほど悪くなかったので返品せずに日本に持ち帰って今も所持しています。というわけでCHAPALのブルゾンは買いそびれました。それ以降CHAPALのブルゾンをときどき探すのですが、私の服装のテイストが変化した関係などで現在に至るまで購入していません。CHAPALはフランスのブランドで、特にクラシック車愛好家の人々などに人気があるようです。

国内では大阪のRocksまたはカヴァレリア 大阪店が同ブランドを取り扱っている模様です。


2013年6月23日日曜日

(し)仕事は二の次Zani Del Fraのソット・ブラッチョ バッグ

 
2年ほど前にビジネスバッグを探していました。
当時持っていたバッグは良い作りだったのですが、とにかく重いので売り払いました。そもそも私はビジネスバッグを持ち歩かないので無くても問題はありません。それでもスーツ姿の時にあった方が良いと思いまして軽いビジネスバッグを探しました。バッグには物を入れる予定も無いのでペラペラで十分でありました。

そんな折、偶然セールでZani Del Fra(ザニ デル フラ)のソット・ブラッチョ バッグを見つけました。ソット ブラッチョとはイタリア語で脇の下という意味だそうです。このバッグは本来付属している鍵を収納した飾りが欠品していたのと、内部で金具を覆っているカバーが完全で無いという理由で5000円ほどで購入して内部は修理しました。

バッグには前後2箇所に留め金が付いており、後ろの留め金を使用すると写真のように半分に折り畳んで脇に抱えることができます。内部には仕切りも無いので物を多く入れる設計になっていませんが、折り畳むとさらに物は入りません。

Zani Del Fra Sotto Braccio

通常使用する場合は前部の留め金を使用します。参考までにZani Del Fraが特許を取得している皮革加工技術により、撥水効果が高いので汚れや雨はほとんど気にする必要はありません。

Zani Del Fra Sotto Braccio

ちなみにソット・ブラッチョに関してはE.Marinella(マリネッラ@emarinella)の方が有名で、現行品を取り扱っております。お値段は48,300円とそれなりですが、人気モデルとなっているようでございます。

追記:ソットブラッチョ バッグは生産中止となった模様です


2013年6月20日木曜日

(さ)サイズはピッタリCoast Weber Ahausのポロシャツ

 
Coast Weber Ahaus Polo Shirt

夏に向けてポロシャツを1枚購入いたしました。案外とポロシャツは着こなしに悩むアイテムなのであります。襟は全開で立てるとゴルフ ファッションになってしまいます。胸のボタンも全開にすると、立てない襟は完全に寝てしまいます。袖が長かったり、肩幅より大きいサイズを選択すると肘まで垂れてきます。身幅が広すぎるとウェストあたりが緩すぎてだらしなく見えてしまいます。裾をパンツの中に入れるとカッコ悪いので、外に出すのですが着丈が長いと胴長の印象になりますし、パンツのポケットに物を入れる際に邪魔です。

私はそれらを踏まえた上で、襟が固めで肩幅に合わせて細めのポロシャツを購入していました。しかしながらイタリア製のポロシャツは着丈がどうしても長いのであります。仕方なく裾を詰めたのですが、1枚あたり2000円近くの出費になるので枚数が多いと馬鹿にならない金額です。結局いつものように何かを優先することになり、ポロシャツは着丈を優先して1サイズ下げることにしました。当然ながら着心地が多少なりとも窮屈になるのですが、見た目はかなり良くなりました。参考までにポロシャツの胸ポケットは無い方がスッキリ見えます。

Coast+Weber+Ahaus(コースト ウェバー アハウス@coastweberahaus)はイタリアの大人のカジュアル ブランドです。日本では3年ほど前に一時的に取り扱いが無くなったのですが、また最近復活してきました。特徴は華やかなデザインと高品質なのですが、定価で買うには少々躊躇するお値段なので私は常にセール待ちです。そしてセールになると激安になることが多く、今回もセールで約70%オフで購入いたしました。普段はMサイズの私ですが、Sサイズを購入して丁度良い感じです。


2013年6月16日日曜日

(あ)案外良かったPantanetti(パンタネッティ)の靴

 


Pantanetti(パンタネッティ@pantanetti)はイタリアのブランドでありまして、カジュアル系と言いますかモード系ともちょっと違う印象で、Buttero(ブッテロ)に飽きた方々が購入するかもしれない感じの靴であります。価格帯はメンズで3~5万円といったところで、日本における知名度はほとんどありません。レディースの展開もメンズと同程度あるのですが、これまた日本で見かけることはありません。

このブランドはカジュアル シューズとしての汎用性が高いので、デニムを始めとした多くのパンツに良く合います。私は2年ほど前にヌバックのスリップオンのモデルを激安セールで最初は雨天に使用するつもりで購入しました。ところが履きやすかったものですから普段使いすることになり、さらにショート ブーツも買い足しました。ちなみににどちらの靴も調教の必要はまったくありませんでした。

モデルによっては靴底の一部に薄いラバーを使用しているので雨の日でも滑らず、さらに靴の返りも良くなっています。靴幅は日本製並にあるので、幅広の足の方でもお履きいただけると思います。参考までに靴の作りが大きめなので、普段EUサイズ40の私はサイズを1つ落として39でジャスト フィットでした。

【関連記事】
Pantanetti(パンタネッティ)の革靴


2013年6月14日金曜日

Magniflexの246マットレス(シングル)を購入しました

 


使用していたスプリング式マットレスが寿命を迎えまして、今年になって買い換えました。以前はそれほど気にはしていませんでしたが、徐々にマットレスの固さが不均等になってきたのと、スプリング特有の軋み音がうるさくなってきたからです。購入するにあたっては複数の店舗で試し寝を繰り返しました。

試し寝をしてわかったのは、あまり固いマットレスは寝返りをしづらいということです。人によってはこれが原因で寝返りをした際に目が覚めることもあるようです。とは言うものの世の中にはあまりに多くの種類のマットレスが販売されており、とりあえず今回はスプリング式をやめて高反発マットレスとやらを購入することにいたしました。

Magniflex(マニフレックス)はイタリアのブランドでございます。こういった睡眠に関する製品でイタリア製というのは初めてでありました。他にも類似した商品がある中、Magniflexを購入した理由の一つは製品保証期間です。購入したモデル246の場合は12年間のヘタリ保証が付いていました。

だからどうしたと多くの方々は思いがちですが、イタリアの製品に12年間も保証がつくわけがないと思うのが私であります。イタリアに注文した靴が日本に違う色で送られてきた際に『オレはそっちの色の方が良いと思った』と言い訳するお国柄でございます。『間違った品物が送られてきたので注文し直してください』と言うので、その間違った品物でも良いから送ってくれと返答すると無視をするオペレーターでございます(多分品物は送られていません)。そのような国の製品が12年間の保証をするのは、最初から保証をする気が無いか、よほど本気かのどちらかしかありません。

というわけでイタリアの本気度に賭けて、初めて性能重視でイタリア製品を購入してみました。マットレスは真空パックでロール状になって送られてきました。開封して約1日で製品本来の大きさに戻るとのことです。使ってみると確かに寝返りはしやすくなりました。寝過ぎの際の腰の痛みも無くなりました。他社の高反発マットレスを使用していないので比較はできないのですが、少なくとも以前より睡眠の質は向上したので満足でございます。


2013年6月10日月曜日

Italia Independent(イタリア インディペンデント)のサングラスを購入しました

 
FIATの会長のお孫さんでLapo Edovard Elkann(ラポ エルカーン)氏が立ち上げたItalia Independent(イタリア インディペンデント@italiaindependentofficial)は革新的でエッジの効いたサングラスなどを販売しているアパレル ブランドです。氏は前任のFIAT在社中にマーケティング手腕を発揮し会社の黒字転換に貢献しました。多くのブランドとコラボレーションを行うことなどによって、FIATブランドのマーケットにおける浸透度を高めたようです。

例えばアパレル ブランドのHydrogen(ハイドロゲン@hydrogen_jeans)もその一つで、数年前のモーターショーでFIAT×HYDROGENのコラボレーション ジャケットを初めて見かけたのもその頃です。あとでお話を聞いてみると氏とHYDROGENのCEOはそういったセレブの子息が入学するイギリスの大学で知り合いになり、セレブ協力プレイでこういったことが素早く実現したようであります。そしてFIAT退社後に氏はItalia Independentを立ちあげました。

Italia Independent Sunglasses

Italia Independentのサングラスはデザインや素材が特徴的です。最近ではベロア生地でフレームをカバーしたサングラスなども販売されています。このサングラスはかなり大ぶりで普段はあまり使用しないタイプのものだったのですが、偶然セールで見かけて購入いたしました。派手目なのでリゾート向きと思いきや、普通に都会でも使用できます。ただ私が使用すると南部虎弾氏と言われるのが玉にキズです。


2013年6月6日木曜日

IL CENTIMETRO [Sahara Sand]を購入しました

 
先日IL Il Centimetro(イル センチメトロ@ilcentimetroofficial)を友人たちと共同でイタリアから買いましょうみたいなお話になりまして、日本には無さそうな色をついでに購入してみました。恐らくこれから夏に向けて、日本には様々な色が入荷してくるものと思われます。すでにイタリアではピンクや蛍光色もラインアップされているようです。

Il centimetro Sahara_Sand

最近は1個で付けるのも飽きてきたので2個を接続したりして遊んでいます。またマグネット部分がかなり強いので、クオーツ腕時計のベルトとしてもイケるのでは無いかと考えています。IL CENTIMETROのブレスレットは脱着が簡単なので、腕に巻くアクセサリとしては楽です。またファッション関係の会話のきっかけに良いかも知れません(実際に良く聞かれました)。ただ、飽きやすい私としてはこの辺で次のアクセサリでも探そうかと考える次第であります。


2013年6月4日火曜日

Francesco Benigno(フランチェスコ べニーニョ)の靴

 
Francesco Benigno(フランチェスコ ベニーニョ)というイタリア製の靴があります。日本で知られてきたのはここ2~3年のお話です。私も1足持っていますが、細身で革が比較的薄い感じです。そして2013年7月1日より現在の定価が39900円~の一般的な靴がすべて49350円~となります(一部定番商品を除く)。同様に49350円のブーツが59850円~となります。つまり1万円の値上がりです。

私にとってFrancesco Benignoの靴の現時点における価値は250~300ユーロという印象です。現時点というのは靴のブランドは革の品質やデザインが年度によって変化することがあるからです。正直言ってこの値上げは高くなり過ぎたという感じです。しかも再値上げの可能性も否定できないとのお話を聞いたりもします。いずれにしろ1足目の靴として選択することは少ないブランドですが、定価でのご購入を考えていらっしゃるのでしたら今月中がよろしいかと思います。



2013年6月3日月曜日

Facebookのプロフィール写真の拡大表示を防ぐ(クリック不可にする)

 
相変わらず嫌がらせとしか思えない操作性のFacebookでございます。
最終的にはやらなかったものの、表題のようなことをしてみようとして迷路にハマり込みました。結局自分のプロフィール写真をクリックし、【自分の名前】の下【日付】の右横【地球儀マーク】のプルダウンメニューを開いて【自分のみ】を選択することで完了しました。

PCのソフトウェアを操作するような感覚でFacebookの操作しているからドツボにハマるのかもしれません。それはFacebookに限らず最近のクラウド サービスにはわかりづらい部分が多いような気がします。