2013年9月20日金曜日

Butteroのサンダルの続き

 


本日、今シーズン購入したButtero(ブッテロ@butterojp)のサンダルのインソールが見事に剥離いたしました。購入した当初からベルト部分が小指に当たって出血し、それでも小型ナイフでベルトの角を面取りし、指に絆創膏を貼って調教を続けてまいりました。妻には『買ったのは失敗だわね』などと言われ、アパレルの店員さんにも『それってどう見ても失敗ですよね』と言われても頑強に否定を続けてきた私でございますが、購入は概(おおむ)ね失敗であったと公式に認めることにいたしました。

これはButteroのサンダルに特有の事象ではございません。問題はイタリアで使用している接着剤であります。この接着剤は湿気に弱く、特に高温多湿である日本の夏季には向きません。したがって接着剤のみで固定されているようなイタリア製の靴は同じように剥がれる可能性があります。私は過去に女性のイタリア製サンダルで同じように豪快に剥がれた現場を見たことがあります。

さてこのサンダルでございますが、日本製の接着剤で修理をして調教を続けます。もう片方のサンダルも剥離する可能性がありますが、それは剥離した時点で修理をしようかと考えています。そういえば今思い出したのですが、新品の購入時に左右でインソールの位置がズレていたような記憶があります。とりあえず現時点においては製品の個体差という言い訳で適当に納得することといたしました。

【関連記事】
Butteroのサンダルを購入しました


0 件のコメント:

コメントを投稿