2014年2月26日水曜日

Esercito(イゼルチト)のジップアップセーター

  場所: イタリア ローマ県 ヴァルモントーネ


イタリアの陸海空軍の3つの軍隊は、それぞれがアパレル展開をしております。日本で唯一展開しているのは空軍であるAeronautica Militare(アエロナウティカ ミリターレ)であります。また、聞いたお話ですと空軍の隊員は良家のご子息などが多いとのことです。

Marina Militare(マリーナ ミリターレ)は海軍のブランドで空軍ほど積極的な展開はしておらず、フリース素材を使用するなど一般市民的であります。ローマ市内では見かけませんでしたが、アウトレット モールに何店舗がありました。

Esercito(イゼルチト)は陸軍のブランドであります。このブランドはお値段が手頃で、最も一般市民向けであると思われます。隊員も一般市民が多い模様です。写真のジップアップセーターは、ローマ滞在中に新しいウェアが欲しくなって40ユーロほどで購入いたしました。着用感も見た目もそれほど印象に残るものではありませんが、ちょっと物珍しかったので入手した次第です。

参考までにFashion District Valmontone Outlet Village内の店舗で購入いたしました。


2014年2月25日火曜日

ANTICA MURRINAのブレスレット

 


アクセサリ類をローマ市内で探していた折にANTICA MURRINA(アンティカ ムリーナ@anticamurrinavenezia)というベネツィアのブランドを見つけました。日本では見たことが無いデザインと素材で、なおかつお手頃なお値段であったので購入してみました。

同ブランドは主に女性用のアクセサリ類を販売している模様で、日本にはまだ取り扱い店舗がありません。また、近年イタリア国内で人気が上昇しているようであります。イタリアのアクセサリ類は綺麗な反面、日本で入手できないものが数多くあります。海外通販での購入が可能な場合もありますが、やはり実物を見てみないとわからないので購入を躊躇してしまいがちであります。


2014年2月23日日曜日

Charvet(シャルベ)の7cm幅ネクタイ

 


冬季のセールもほとんど終了している時期に、ようやくシャルベのタイを半額で見つけました。今回のものは私としては珍しいレジメンタル ストライプで、しかも幅が7cmと細めなのであります。一般的にネクタイの幅はジャケットのラペル(下襟)の幅と合わせるということになっております。

私はモード系でよく見受けられる細めのラペルのジャケットはあまり持っていないのですが、見かけない色合いの柄ということで購入してみました。ちなみにシャルベはシャツの方が有名であったりしますが、ボックス型のシルエットとお値段の関係で現在のところ購入意欲はわかないのであります。

参考までに都内ですと下記の店舗などでネクタイを扱っており、伊勢丹新宿店を除く他の2店舗ではシャツの取り扱いもあります。また、比較的多くの品数を扱っているのは六本木ヒルズ内のユナイテッドアローズ六本木メンズストアです(21,000円~)。

UNITED ARROWS
日本橋三越本店
伊勢丹新宿店


2014年2月21日金曜日

naturaequa(ナトゥラエクア)の石鹸

 


Eatalyのローマ店において購入したnaturaequa(ナトゥラエクア@naturaequa)というブランドの石鹸でございます。帰国してから調べてみたところ、保湿を高めるためにキュウリが含まれていることが判明いたしました。またこの石鹸は香りが高く、洗面所に2~3個置けば芳香剤代わりになりそうであります。包装もオシャレで、裏側は貝殻で紐を留めています。

大きさは50グラムと小さめで、価格は約500円であります。同ブランドの一部商品はアフリカで職業訓練の一環として製造されており、この石鹸もアフリカ産であるとのことです。残念ながら日本における取り扱いは無い模様です。


2014年2月19日水曜日

Eatalyのローマ店に行ってきました

  場所: イタリア ローマ クアルティエーレ X オスティエンセ


ベリッシモ氏のオススメで日本でも店舗を展開しているEataly(イータリー@eatalygram)のローマ店を案内していただきました。同店舗では新鮮で美味しいイタリアの食材を販売しております。

4階建てのローマ店は日本の店舗より大規模であり、カートに商品を入れたままでも各階に移動することが可能です。参考までに2014年2月時点においてカードで支払う場合は、MASTERカードのみとなっているので注意が必要です。

店舗の各階にあるイートインのコーナーは食材ごとに別れておりまして、私たちはチキンのコーナーでロースト チキンを注文いたしました。これがまた激しく美味しいチキンでありました。これらのイートイン コーナーは週末には非常に混雑する模様です。



私は日本で販売されていないであろうと予想した赤のトートバッグを購入しましたが、残念ながら同じものが日本で販売されていました。しかしながら日本のものは持ち手の部分が白であり、これによってイタリアで購入したものであると識別していただきたいと切にお願いする次第であります。



そしてお土産にチョコレートと固形石鹸を購入いたしました。チョコレートはそれほど安価では無いのですが、日本ではみかけないものが多数販売されております。石鹸の種類は多くはありませんが香りが濃厚なものが多くて日本より安価です。ただし石鹸を購入する場合はジップロックなどの袋で密封しないと、スーツケースの中が石鹸の香りまみれになるかもしれません。


2014年2月16日日曜日

PANDORA(パンドラ)のチャーム

 


旅行中にお知り合いになった女性の方が気になるブレスレットを着用していたので、写真を撮らせていただきました。彼女の説明によればPANDORA(パンドラ@theofficialpandora)のブレスレットで、友人に作っていただいたとのことでした。

特に気になったのは綺麗な赤の革紐でございます。よく見たら断面が正方形でした。そして細いのでチャームの通し穴に2本入っております。このような革紐は販売されていないようなので、恐らく友人の方がこの革紐を製作されたのでありましょう。ブレスレットを留める部分は磁石になっていました。

彼女のお話によればローマ市内にPANDORAのお店があるとのことなので、探しに出かけたのですが残念ながら時間切れで探すことができませんでした。


2014年2月15日土曜日

(は)春に備えてCatarisanoのシャツ

  場所: 日本, 〒107-0052 東京都港区赤坂5丁目1−2
Catarisano Navy Shirt

うっかりセールの情報を見逃しておりました。赤坂のテイラーアンドクロース@tailor_and_cloths)では2月28日までセールを行っております。先日、同店舗を訪れまして4枚目のCatarisano(カタリザーノ@catarisanocamiceria)のシャツをセール価格で購入してまいりました。相変わらずシルエットが綺麗でございます。参考までに私はSサイズで首周り38相当です。Mサイズになりますと40相当となるようです。

多くの場合シャツを綺麗に着るためには肩の位置で合わせるのですが、そうすると私は第1ボタンがキツくなることがあるのでボタンの位置をズラして付け直しています。ちなみに冬季はシャツを見せる機会が減りますが、あと2ヶ月もすれば春なので、そろそろシャツの準備を始めてもよろしいかと思います。


2014年2月13日木曜日

MooRERのアウトレット ストア(ローマ)

  場所: イタリア ローマ県 ヴァルモントーネ


ローマ市内から車で1時間~ほど走った場所にFashion District Valmontone Outlet Villageというアウトレット モールがございます。この場所は訪れる予定が無かったのですが、ついでに立ち寄ってみたところ偶然MooRER(ムーレー@moorer_official)のお店を見つけました。驚いてお店に入ってみたところ、MooRERのダウンジャケットが日本未発売の商品を含めてワサワサとアウトレット価格で販売されておりました。

MooRERのダウンジャケットを2年近く探している私といたしましては、有り金を全部突っ込むことになっても購入せざるを得ないと腹をくくりました。私に先立ってベリッシモ フランチェスコ氏は日本未発売のショート丈のダウンジャケットを購入されました。このジャケットは非常に上品な質感で軽量であり、なおかつ見たことも無いレアなお色でお買い得度満点なお品物でございました。



私の番になりまして店員さんに46サイズの在庫を見せてくださいとお頼みしたところ、この店舗のすべての商品は48サイズが最小ですとお答えになられました。そういった悪い冗談はシャレにならないので、一刻も早く46サイズを持ってきてくださいと。ですから48サイズが最小だって言ってるじゃありませんかと。なら間違って46サイズは無いのかと食い下がりましたが、仕方なく諦めることになりました。

また、同店舗ではMooRERの他にFEYEM(フェイエム)というブランドも取り扱っておりました。主にレディースのダウンジャケットを展開しているという印象で、MooRERと同じアパレル グループという説明でした。日本未発売のブランドでありましたが、あまり時間が無かったので詳しく見られなかったのが残念です。

参考までにローマ旅行の途中でMooRERを目当てにこのアウトレット モールを訪れるのはあまりオススメできません。市街地から離れていることもあり、またアウトレット ストアなのでサイズや型が不揃いの可能性があるからです。ちなみにガッツがあればローマ市内からシャトルバスを利用して行くことも可能です。

追記:三崎商事が2014年秋・冬からレディース モデルの取り扱いを開始する模様です(2014年9月現在)。新宿伊勢丹でレディース モデルの取り扱いも始まりました(2015年10月)

【関連記事】
MooRER(ムーレー)のダウンジャケット
MooRER(ムーレー)のブルゾンを購入しました


2014年2月11日火曜日

La Martinaのテーラードジャケット

  場所: イタリア ローマ ムニチピオ・ローマ IX
la martina tailored jacket

このLa Martina(ラ マルティナ@lamartinapolo)のテーラードジャケットは女性用でございます。妻へのお土産なのですが、本人の試着無しでこのようなジャケットを購入するのは勝負でありました。しかしながらヘリンボーン柄で段返り3つボタン、襟はジャージ生地、袖は本切羽仕上げ、さらにエルボーパッチも付いたこの数え役満のようなテーラードジャケットが約160ユーロ(約23000円)というセール価格であったので買わずにはいられませんでした。

見た目は小さめで40サイズとの表記でしたが、通常38サイズを着用する妻でも大丈夫そうでした。それでも不安なので店員のお姉さまたちに試着していただきました。妻と同じような身長のお姉さまたちでありましたが、彼女たちのお胸が大きすぎて参考になりませんでした。ちなみにお店の女性店員さんたちの細いウエストと凶器のような巨大なお胸は一見の価値がありました。



帰国して妻が試着したところ、幸運にもジャストフィットでした。袖がかなり長いかと思ったのですが、着丈が短いための目の錯覚でした。このジャケットは乗馬用としてデザインしてある関係で、ウェスト部分はかなり絞ってありますが動きやすさは犠牲になっていないと思われます。


2014年2月9日日曜日

La Martinaの傘

  場所: イタリア ローマ ムニチピオ・ローマ IX


買い物をして会計を済ませる際に目に留まった傘もついでに購入しました。セールで12ユーロ(約1700円)でございました。普段こういった長傘は邪魔になるので旅行先で買うことは無いのですが、大きいスーツケースに入るサイズと思ったので購入した次第です。実際スーツケースにギリギリ入る長さでした。また日本ではあまり見かけない感じの色ということもありました。



開ける方法はワンタッチ式で、それほど大きくないので女性でも使用可能です。参考までに雨天時に本気でオシャレをして外出するときは、傘もオシャレ アイテムとなります。男性といえども油断してはいけないので、最低1本はオシャレ長傘を持っていたほうが良いと思います。


2014年2月8日土曜日

La Martinaのトラックジャケット

  場所: イタリア ローマ ムニチピオ・ローマ IX


新しいトラックジャケットを探していたので購入してみました。セール価格で130ユーロ(約18000円)ほどでした。トラックジャケットはブランドによって春夏用と秋冬用がありまして、これは薄手なので春夏用かもしれません。また、ポケットが付いているタイプにもかかわらずポケット部分が薄くて良い感じです。

La Martina(ラ マルティナ@lamartinapolo)はポロ競技のユニフォームも製造しています。そしてそのデザインは国別やポルシェやマセラティなどのスポンサー別などとなっています。参考までにこのトラックジャケットはイタリア チームのデザインのようです。


2014年2月7日金曜日

La Martina Factory Outlet

  場所: イタリア ローマ ムニチピオ・ローマ IX
The Castel Romano Outlet(キャステル ロマーノ アウトレット)はローマ市内から車で40分~ほどの位置にあります。この場所にLa Martina(ラ マルティナ@lamartinapolo)のアウトレット ショップがあることを知り、訪ねてみました。



La Martinaはポロ競技の防具などを製造しているアルゼンチンのブランドですが、ヨーロッパではイタリアを中心に人気があります。またポロ競技のオフィシャル サプライヤーでもあり、チャールズ皇太子をはじめ英国王室の方々が競技する際にも使用されているようです。現時点において日本では販売代理店は無く、セレクトショップの取り扱いもほとんどありません。



La Martinaは日本で例えるとラルフ・ローレンのようなブランドですが、展開している品数はカジュアル中心でそれほど多くはありません。衣料品の主な価格帯は1~5万円で、品質は良いほうだと思います。また、得意としているのはバッグや革靴などの皮革製品という印象です。特に大きめの皮革製バッグは、10万円前後の価格帯で重厚で派手な作りとなっております。


2014年2月5日水曜日

初めてのヨーロッパ大陸

 


料理研究家のベリッシモ フランチェスコ氏のお誘いでローマに行ってまいりました。主な目的はファッション探訪ということでありまして、国内未発売のブランドなどを中心に見て回るという企画でございます。残念ながらローマ滞在中は近年稀に見る長雨でして、路面が乾くことが一度もありませんでした。

イタリアのファッションは北部のミラノやフィレンツェあたりが有名でありますが、今回は氏の地元であるローマ市内および近郊のアウトレットなどを見て回りました。ファッション ブランドを見て回る場合、ある程度日本における認知度や価格などの知識が必要ということで私にお声がかかったようであります。

ローマ市内においてはスリ多発地帯ということで身構えていたわけですが、氏と同行しているせいか地下鉄も観光地も特に危険な目に遭ったり、またその兆候のようなものにも遭遇しませんでした。とは言うものの、常にある程度の緊張感は保つ必要はありました。

5日間という短期間の滞在ではありましたが、それなりの成果があったと思います。