2014年3月17日月曜日

Tagliatore(タリアトーレ)のジレ

 
Tagliatore Gilet Brian

この時期のセールは冬物の残りが出ることが多くなります。流行りものをすぐに着用しないのであれば、季節の終わりのセールを待つのも一つの方法であります。世の中はまだ寒い今日この頃ですがファッション界ではすでに春物が真っ盛りで、私などは自分の夏用水着を必死に探している最中であります。

今回購入したセール品はTagliatore(タリアトーレ@tagliatoreofficial)のジレでございます。ジレはフランス語でもイタリア語でも同じで、英語で言うところのベスト(Vest)であります。またファッション アイテムとしての優先度は低い方でありまして、特に無くても問題はありません。ただし40歳代が着用する場合は、一番下を除いた前ボタンを閉めないと見栄えがあまりよろしくありません。

このジレは去年の秋モデルで、当時は試着時の自分の姿を見てあまりのカッコよさに貧血を起こしかけたものの、お値段との折り合いがつかずに見送りました。それが70%オフで売られていたものですから購入せざるを得なかった次第です。ちなみにボタンはくるみボタンで、背後はベルトではなくて内蔵されたゴムで調節する仕様になっております。

このブランドを率いるのはPino Lerario氏であります。氏はご本人の名前を冠したブランドでも販売されておりまして、私はテーラードジャケットと3ピースのスーツを所持しています。氏のテーラードジャケットの特徴は大きなラペルとタイトなフィットであります。したがって購入される場合はジャストフィットまたは少々キツめのフィッティングをオススメいたします。



同ブランドは日本においてはまだ2シーズン目で、ジャケットやスーツの中心価格帯は10万円前後といったところです。少々筋肉質の方がピチピチで着用すると結構カッコ良く見えるので、そういった方には特にオススメであります。

【関連記事】
ジレ(ベスト)のサイズの選び方
ジャケットやスーツのサイズの選び方(図解)


0 件のコメント:

コメントを投稿