2014年4月17日木曜日

Amarena Fabbri(アマレーナ ファブリ)のワイルド チェリーのシロップ漬け

 


先日、三越イタリアフェアに行ったおりにAmarena Fabbri(アマレーナ ファブリ@fabbri1905)を購入してまいりました。……と、いかにも以前から知っていた風なことを書いておりますが、イタリアにこのようなチェリー漬けがあるとは知りませんでした。また、容器がオシャレなガラス製であることも気に入りました。

容器の中には大きめのチェリーがシロップにどっぷりと浸かっています。チェリー単体で食べると極甘であります。こんな感じのチェリーをどこかで食べたような記憶があるのですが、単なるデジャヴかもしれません。これを単体で食べるのは面白く無いので、容器に添付してある写真のようにジェラートと一緒に食べることにしました。



ジェラートは私の飼い主(妻)が、テオブロマ ジェラテリア 神楽坂店で購入してきました。ちなみに器は伊勢市の陶工家・川西泰二郎氏に製作していただいたものでございます。というわけで食べてみたところ、予想通り美味しかったのであります。この組み合わせでマズイはずは無いのですが、遠慮がない甘さといった感じです。




0 件のコメント:

コメントを投稿