2014年11月29日土曜日

白いメンズ パンツのコーディネート

 
白いパンツは通年使用が可能な便利なアイテムでございます。とは言うものの、白いシャツほど簡単に着用されることがないアイテムでもあります。欠点としましては汚れが目立つことや雨天による泥はねなどが挙げられます。私も汚れを気にして以前は着用しませんでしたが、白いパンツは多かれ少なかれ汚れて当たり前という開き直りのもとに着用することにいたしました。

白いパンツはどちらかと言えば若者さんより40歳代の方がお似合いな印象であります。それはパンツ以外の衣服のグレードが若者さんより高いので、全体的に安っぽく見えないからであると思います。参考までに白いパンツは昼間仕様なので、可能な限り夜間の会合は避けたほうが無難であります。以下はThe Sartorialist(ザ・サルトリアリスト@thesartorialist)に掲載されたスナップショットからの抜粋です。



ブルーのジャケットと白いパンツは、外れない組み合わせです。モデルの方は高級ブランドのKiton(キートン@kiton)に勤務されているようであります。パンツの裾は長めで、ほど良いフィット感となっております。



ブラウンのジャケットとの組み合わせも外れません。こうしたゆったり目のフィッティングは、日本では良く見かけるパンツのシルエットに似た部分があります。そういった意味では、日本人が購入しやすい白いパンツかもしれません。



同じくブラウンのジャケットとの組み合わせですが、パンツは細身で裾も狭くなっております。したがってどちらかと言えば中級者以上向けです。このコーディネートは足首を見せることがポイントとなっているので、素足で靴を履く必要があります。



使い込んだ感じの白いデニムはカジュアルな印象となります。この場合は浅黒い肌とのコントラストが良いので、そういった肌色の方にも白いパンツは良く似合うと思います。


0 件のコメント:

コメントを投稿