2015年12月25日金曜日

Tom Fordのサングラス(LOUIS)を購入しました

 
年の瀬の今日このごろ、あまりのカッコ良さにTOMFORD(トムフォード@tomford)のサングラスをうっかり購入いたしました。先日、何の気なしにお店で試着をしてみてたところ、超絶な玄人仕様であることに気づいたことが理由です。とは言っても少々お高い商品なので、通販でセール品を探しました。

今回利用したアイウェア専門の通販サイトはSmartBuyGlassesでございます。お値段は送料・保険料込みで25,398円ということで、定価の約45%オフでありました。ちなみに同サイトは日本語で表記されているものの、海外サイトの日本語版といった印象です。そしてどちらかと言えば時間を要しても正規品を安価に購入したい人向けであり、通販の初心者向けではないと思われます。



ヒンジ部分の『横T』がゴージャスな感じです。レンズは緑色で表面は反射防止処理が施されておらず、光を反射するイヤらしい感じがたまりません。掛け心地は少々固めですが、それは顔の幅などに依存すると思います。



このモデルはノーズパッドが付いているので、アジア人でも問題なく顔にフィットいたします。純正のままでも特に調整する必要はありません。またレンズ裏面には反射防止コーティングが施されています。



フレームの外側の黒色と内側の黄色のコンビネーションは、まさに最強昆虫のスズメバチ色となっております。参考までにサングラス本体にはMade in Italyの表記があり、サングラス ケースにはMade in Chinaと記載されていますが、ケースのみが中国製とのことです。



上記はこのサングラスの着用している俳優のNicholas Hoult氏であります。氏はまだお年が若いこともあり、少々サングラスが浮いた印象となっております。そういった意味においては、年季の入った私のような40歳代のほうがお似合いかと存じます。


2015年12月23日水曜日

イタリア語をはじめました

 
10月からイタリア語の学習をはじめました。去年ローマを訪れた際には英語で押し通しましたが、やはり次回は現地の言葉で話してみたくなった次第であります。とりあえずイタリア語教室で超初級レベルからはじめ、先週で10回(計15時間)のカリキュラムが終了しました。参考までに教科書は下記でございます。



英語が理解できればイタリア語は簡単でしょう……などと言われますが、それは英語が母国語もしくはそれに近いレベルの方々のお話である印象です。どちらかと言えばフランス語やスペイン語などを習得されている方であれば、英語よりイタリア語に近いので難易度が低いかと存じます。

現時点においては挨拶程度しかできません。数字も100が近くなると怪しくなります。超初級なのにパスタの種類や料理で使う葉っぱの種類が多くて覚えきれません。tiramisù(ティラミス)の「ù」の発音は何回やってもOKが出ません。曜日はまだ出てこないので覚えていません。そんな感じです。

そしてあと20回(30時間)のカリキュラムで上記の教科書は終了するので、その頃には見知らぬイタリア人の方と立ち話程度の会話は成立するかと思います。


2015年12月19日土曜日

2015年に購入した靴

 
今年は私にとって靴の当たり年となりました。結構良い感じのスニーカーや革靴を比較的安価で購入することができました。特にSantoniのスニーカーと革靴は非常に満足しております。


Bonavita(ボナビータ)のスニーカー
安価とういことで購入してみましたが、1年を経たずして踵のあたりが壊れかけてきました。もう少し持って欲しかったのですが、近いうちにまた新たにご近所用のスニーカーが必要になるかもしれません。


National Standardのホワイト スニーカー
調教が終わりまして履きごこちも見た目も良いスニーカーとなりました。定価で2万円程度ということであれば非常にオススメしたいスニーカーであります。


SUPERGA(スペルガ)のイタリア国旗スニーカー
現時点で調教中でありますが、横幅が狭いのでいまだに両足の小指が当たります。これが直るのかどうかはわかりませんが、来年の夏までには素足で履けるようにしたいところです。


(ま)マッケイ製法のSantoniのスニーカー
雨の日もちょっとしたビジネスシーンでも履くことができる便利なスニーカーです。くるぶしが当たるかと思われたのですが、どうやら当たらずに済みそうです。


Santoniの革靴を購入しました
これぞSantoniといった外観で、ビジネス シーンで絶賛活躍中であります。皮革も柔らかいので、特に足に当たる箇所もありません。


BOEMOSのドライビング シューズ(ドット柄)
夏場は素足で履くと中敷きが足裏に貼り付きましたが、それ以外は特に問題ありませんでした。


BOEMOSのドライビング シューズ(ヒョウさん柄)
この柄でもそれほど目立つことは無く、比較的多くの服装に合いました。


Pedro Del Hierroのデザートブーツ
失敗でございます。踵が大きすぎる上に甲が低いので、今のところどうやっても普通に履きこなすことができません。残念ながら売却対象となりました。


Pantanetti(パンタネッティ)の革靴
玄人さんやオシャレに興味がある方々に非常に評判が良い革靴であります。ビジネスおよびカジュアルの両方で活躍中であります。


2015年12月15日火曜日

ブラックフォーマルを新調しました

 
ブラックフォーマルは着用頻度が少ないものの、40歳代ともなれば出番が増えてくるアイテムでございます。近年では結婚式におけるブラックフォーマルの着用は少なくなっているので、どちらかと言えば葬儀の際における着用がほとんどかと思われます。

またショービジネス関係の皆様におかれましては葬儀は一種の社交場という側面もあり、例え仕事が落ちぶれていたとしても参列した関係者に古びた喪服姿を見せるわけにはまいりません。そういった理由もあって葬儀に参列する俳優さんたちはビシッとした喪服姿で映像に収まっております。



私の場合は数年前に購入した喪服が体にどうしても合わないので、不測の事態が起こる前に新調することにしました。私は水着からタキシードに至るまでカッコ良く着こなすというポリシーを持っておりまして、喪服も例外ではありません。とは言うものの着用頻度が極端に低いので、可能な限り予算は抑えることにしました。



RICHARD JAMES(リチャード ジェームス@richardjamesofficial)は1992年創業のイギリスのブランドで、細身のスタイルと色鮮やかなステッチなどが特徴となっております。そして今回は同ブランドのブラックのスーツをセールで購入いたしました。ちなみにこのスーツはブラックフォーマルを目的としたデザインではありません。

国内で冠婚葬祭用として販売されているスーツは今ひとつな印象で、また5万円弱のお値段であったことも購入の理由であります。当然ながらこのスーツは普通のスーツとしても着用することが可能です。そして私は同ブランドのスーツ2着とコート1着をちょっとしたお仕事用に持っているので、今回で3着目のスーツということになります。


2015年12月12日土曜日

Hydrogenのセットアップスーツ

 


先月にHydrogen(ハイドロゲン@hydrogen_jp)のスーツを購入していたのですが、このブログでスーツを取り上げるのは初めてであります。近年はジャケット&パンツのスタイルが流行している関係で、スーツの需要が落ちております。とは言っても冬場はスーツの着用率が上がるので、折を見てスーツは探しておりました。



同ブランドのアイコンとなっているスカル(髑髏)のラペル ピンであります。裏地は迷彩柄となっております。



一部のジャケットやスーツなどのラインはLuigi Bianchi Mantova(L.B.M.)のファクトリーで製造されおります。



襟の裏側も迷彩柄であり、冬場は意味もなく襟を立てる機会が増える仕様となっております。

Hydrogenのスーツやテーラードジャケットはウエストの絞りの位置が高く、細身の方であっても着こなしが難しい可能性があります。ちなみ46サイズのこのスーツは、46サイズで余裕がある私でもギリギリ入る感じでした。そういった理由もあって半額以下のお値段で購入できた次第です。

参考までにオンライン通販で取り扱っている同ブランドの商品には中国からの偽物が数多く見受けられ、本物との見分けが困難なものもあるので実店舗における購入をオススメいたします。


2015年12月9日水曜日

3ピース スーツの着こなしは多少窮屈でございます

 


3ピース スーツは試してみたいスーツではあるものの、ジレ(ベスト)の着用がなかなか難しい部分があります。例えば多くのジレは直線的なデザインで伸縮性が少なく、ウエスト部分の絞りや胸の部分の余裕も少ないので物理的に体に合わない場合があります。

体にジャストフィットのジレを選択した場合、ウエスト部分に合わせるとボタンをかけた際に胸が息苦しくなることがあります。また胸囲に合わせたジレはジャケットを脱いだ場合、ウエスト部分の隙間が多くなって寸胴なスタイルに見えがちであります。

そういった理由などもあって、近年においてはジレよりニット ベストのほうが重宝されている印象です。参考までに私の体型はジレを着用すると息苦しいので、覚悟を決めた場合にのみ着用いたします。そして最近は覚悟をするのが面倒なので、3ピースのスーツを2ピースとして使用しております。



着こなす場合は上記のTomfordのスーツを着用したDaniel Craig氏などを想像いたしますが、実際に着用するとまったく違うスタイルとなってガッカリすることが多々あります。ちなみに上記のスーツは撮影用のオーダメイドなので、氏の体型に完璧に合わせてあると思われます。



近年流行のダブルのジレでございますが、カッコ良く見せるのが難しいので上級者向けであります。しかしながら上手に着こなせばエレガントに見えるので、普通の3ピース スーツに飽きた方には良いかもしれません。



上記の着こなしはジャストサイズですが、ジレのシワの寄り方から見て胸のあたりは息苦しそうであります。そして一般的には不可とされている3ピース スーツとボタンダウン シャツとの組み合わせですが、Liverano & Liveranoのオーダースーツであれば文句のつけようがありません。


2015年12月6日日曜日

DORE DOREの赤い靴下

 


先日、ふと気がついたら古くなった赤い靴下を処分していたことに気が付きました。特に必死に探すほどのことでは無かったのですが、偶然セール品を見つけたので忘れないうちに購入してみました(約1,500円×2足)。DORE DORE(ドレドレ@doredore1819)はフランスの靴下ブランドでございます。私見でありますがフランス製の靴下は高品質でオシャレの印象があります。



ちなみにオシャレをする上で赤い靴下は避けて通れない道でございます。上記のように革靴に赤い靴下を合わせている方々は偶然では無く、明確な意思を持っております。ショートケーキのイチゴが美味しければケーキ本体も美味しいように、靴下以外の服装も洗練されているのだよというアピールなのであります。


2015年12月4日金曜日

ロシアで人気があるとの話を聞いたバンド

 
Triangle Sun - Beautiful (Official Music Video)

ロシア国内でクラブなどで精力的に公演しているtriangle sun(@triangle_sun)はモスクワ出身のバンドでございます。上記の『Beautiful』は2004年、イビサ島(イビザ島)におけるクラブ音楽でロシアのバンドとして初めてのヒットを記録しました。

そして現在までにDiamond(2007)・Iris(2010)・Born in the Silence(2014)と主に3枚のアルバムをリリースしています。ちなみに『Beautiful』はDiamondに収録されています。

彼らの楽曲のスタイルはエレクトロニック系で歌詞は英語であります。BGMとしては落ち着いたジャズなどの代替えとはなりませんが、軽快なテンポの楽曲が多いのでセール会場で購買意欲を煽る場合などに適しているかもしれません。




2015年12月1日火曜日

007 スペクターで使用されていたサングラス&リング

 
先週末に007 スペクターを12月4日の劇場公開にさきがけて鑑賞してまいりました。今作も衣装関係はTOMFORD(トムフォード@tomford)が担当しており、ラペル(襟)が細いスーツが多い印象でありました。そして個人的には衣装よりアイウェアに注目しておりました。



TOMFORDのサングラスの外観は『T』の文字を90度傾けたヒンジ部分の金属部品に特徴があります。このサングラスはローマのシーンなどで使用されておりました。まったく同じモデルは405ドル(約5万円)とのことです。



参考までに映画で使用されていた『Spectre Octopus Ring』のレプリカを145ポンド(約27,000円)で購入することができます。材質は925シルバーで、サイズは20(mm)のみとのことであります。

なお、007 スペクターで使用されているその他の衣装などについては下記のページをご参照ください(英語:ネタバレ注意)
Ultimate Guide to SPECTRE (Bond 24) Products and Locations

【関連記事】
40歳代のメンズ サングラスと眼鏡のブランド


2015年11月29日日曜日

Gabriele Pasiniのウール コートを購入しました

 
先日コートを売却処分した関係で、冬物のコートを探しておりました。当初は3万円の予算で新品を探してみたものの、グッとくるコートを見つけることができませんでした。途中でYoox(ユークス・ドットコム:@yoox)において約3万円のコート購入しましたが、色と素材が今ひとつであったので返品もいたしました。

さらに継続して3万円で探したのですが、そのような無謀な価格で探せる新品のカッコ良いコートは世界中のどこにも存在しないとの結論に達しました。という訳で断腸の思いで予算を5万円とすることとしたのですが、これもまた中途半端な予算で困難な道のりでございました。

そうこうしていたら12月が近づいてきたので今週末をタイムリミットと決め、どうしても見つからない場合は『ビームス ハウス 丸の内』においてSEALUP(シーラップ)のロングピーコート(税込み118,800円)を定価で購入することにしました。ちなみに同商品はBEAMS別注モデルである模様です。



上記は同ブランドの同じ型でThermore®の素材を使用した税込み162,000円の通常モデルであります。 そしてBEAMS別注モデルはキャメル色を含めた2色展開で、着用した印象はピーコートというよりはダブルのコートといった感じです。個人的には素材感や前を開けて着用したときのカッコ良さ、さらに程よい細いシルエットなどが非常に気に入りました。



と、前置きが長くなりましたがそういった矢先に、セール会場で偶然1点のみ残っていたGabriele Pasini(ガブリエレ パジーニ@gabrielepasini)のコートを購入しました。サイズは私の通常サイズの46であり、なおかつ今季の商品でありました。気になるお値段は定価の約3分の1の5万円半ばと、ほぼ予算どおりでした。



私はイタリアの同ブランド製Tシャツやポロシャツなどを、過去に数回購入しております。他では見かけない素材や、妥協を排したタイト目なデザインが購入の理由であります。ブランドとしては新しいのですが、ここ2年ほどは都内のセレクトショップなどで多く見かけるようになりました。参考までにデザイナーであられるGabriele Pasini氏は現在来日中とのことです。



このコートは一般的なグレンチェック柄であり、背中のシルエットも非常に綺麗であります。とは言いましても着用して街を歩くとなると相当に目立つ感じです。そういった理由もあって売れ残っていたのかもしれませんが、私としましては望むところでございます。外観の特徴としては袖ボタンが無く、ベントの切れ込み部分にボタンが配置されております。

というわけで、このコートは目立つこともあって3シーズン程度の使用を予定しております。また現時点においては私のように価格などに執着して探し回る場合は別として、40歳代が着用するカッコ良いコートは10万円以上の予算があったほうが良いとの認識であります。Sealupのロングピーコートに関しては、東京ミッドタウンおよび丸の内のMarinella(マリネッラ)においてもダブルネーム版の取り扱いがあります。




2015年11月27日金曜日

クレリックシャツの着こなし(初級者向け)

 
襟と袖口が白いクレリックシャツは海外においては正式な場所などで着用されることが多く、一般的にはあまり見かけないようであります。私個人的には映画の影響もありまして、ウォール・ストリートあたりの鼻持ちならない金融関係者さんたちが着用している印象があります。最近ではLapo Elkann氏(@lapoindependent)が様々な場面で着用されていらっしゃいました。



このシャツは40歳代であればとりあえず1枚は持っていても損はないと思います。ネクタイの着用を前提といたしますが、特に注意をする点もございません。ただし太めの体型の方がキツめの首回りで着用されると、余計に膨張した印象となる可能性があります。

ちなみに青の生地と糊のきいた厚めの襟にペイズリーのネクタイを組み合わせ、ストライプまたはウィンドウペンのスーツなどを着用すれば強そうな勤め人さんに変身できるかもしれません。


2015年11月24日火曜日

伊勢丹でオーダーシャツを作りました(2回目)

 


前回伊勢丹のセールで作ったオーダーシャツの具合がよろしかったので、再び作ってみました。とは言っても前回のインポート生地とは異なる国産の生地でございます。したがってお値段も前回の23,760円(2枚組)から17,280円(2枚組)に下がりました。納期は前回と同様に注文から約1ヶ月でありました。

前回の経験から普段のスーツに着用する長袖シャツは、このようなオーダーシャツがコストパフォーマンスが良いとの結論になっております。もちろん予算が許せば3万円を超えるようなイタリア製のオーダーシャツが欲しいのですが、それほど着用頻度が高くないので数千円のオーダーシャツで十分であります。

今回は白とクレリックシャツの2枚にいたしました。ちなみにクレリックシャツは+1,000円となります。そして今回はカモフラージュ柄やデニム生地も見かけたので、次回はそういった柄や生地を選択してみようかと思います。

【関連記事】
伊勢丹でオーダーシャツを作りました
長袖シャツのサイズの選び方(図解)
長袖シャツの袖のまくり方(図解)


2015年11月22日日曜日

Takizawa Shigeruのカシミア ニット帽

 


1万円前後でカシミアのニット帽を探していたところ、Takizawa Shigeruのニット帽がセールとなっていたので1万円弱で購入いたしました。日本製の同ブランドはウェアを中心に展開しており、シルエットが綺麗でLEONなどの男性雑誌によく掲載されております。

実は今年の初めに外気温が氷点下のニューヨーク市を訪れた際、ニット帽が非常に役に立ちました。そのときに頭部の防寒の必要性を認識したのですが、着用していたのがウールのニット帽なので頭部が痒くなるのが不快でありました。そういった理由で痒くなりにくいカシミア素材のニット帽を探していたわけです。

ちなみに頭部の防寒の必要性に関しては頭部から体温の約50%の熱が放出されるとか、いや80%であるなどと言われております。最近の研究においてはそれらは単なる都市伝説であり、実際は体の表面積に比例した7-10%程度であるという結果で落ち着いているようです。

参考:Do We Really Lose Half our Body Heat From our Heads?


2015年11月20日金曜日

40歳代メンズのマウンテンブーツ

 


近年はマウンテンブーツをスーツ スタイルなどと組み合わせる手法が流行しておりますが、スーツと組み合わせるのは難易度が高い印象です。そしてそういったスタイルと合わせるエレガントなマウンテンブーツはある程度限られてくるので、比較的入手しやすい以下の2点に絞ってみました。

F.lli Giacometti(フラテッリ・ジャコメッティ)のマルモラーダは日本企画のイタリア製というお話を伺ったことがありますが、今のところ街中で着用するマウンテンブーツとしては品質およびデザイン性などにおいて国内最高峰であると思います。中心価格帯は10万円台前半なのでお世辞にもお手頃とは言えませんが、それなりの見た目と価値はあると思われます。

またマルモラーダの皮革には牛や馬の他に象・カバ・アザラシ・ダチョウ・ワニなどのバージョンも存在し、そういったモデルはお値段も高くなっております。有名セレクトショップなどで取り扱いがあります。


Paraboot(パラブーツ@paraboot_france)は復刻モデルであるAvoriaz(アヴォリアーズ)が人気であります。最もスタンダードなモデルで7万円ほどの価格であり、近年はセールなどで見かけるようにもなりました。ただし表記サイズがEUサイズとは異なるので、試着をされることをオススメいたします。


ちなみに下記はAlberto Fasciani(アルベルト ファッシャーニ@albertofasciani_official)の新モデルであるQUINCY17027であります。私は同モデルの型落ち商品を去年購入いたしまして非常に満足しております。残念ながら同ブランドは現在国内における取り扱いがありませんが、オフィシャル サイトのオンラインショップでは675ユーロ(約9万円+送料・関税)となっています。



【関連記事】
ALBERTO FASCIANI ELIAS 17027を購入しました


2015年11月17日火曜日

レザージャケットの着こなし(中級者向け)

 
レザージャケットと言いましても色々ございますが、ある程度挑戦しやすいのはシングルのライダースジャケットかと思われます。また男性であれば一度くらいは憧れたこともあるかと思います。素材は馬革か牛革ということになりますが、いずれの皮革も厚手のほうが経年でカッコ良く変化いたします。

こうしたライダースジャケットの皮革は空気を含まないので防寒性に欠ける面があります。したがって冬季には内側に防寒性が高い長袖シャツやニットを着用する必要があります。さらに皮革の伸縮性が低いので、フロントジッパーを上げると腕の動きが制限されることがあります。

40歳代の男性がそういった困難を乗り越えてライダースジャケットに挑戦される場合、15万円以上の価格かつ黒色で飾りなしのものがよろしいかと思います。そして皮革の質やデザインは価格に比例するので、ご予算に余裕があれば20万円以上のヨーロッパ ブランドにするとカッコ良く決まる可能性が高くなります。



Justin Theroux氏はシングルのライダースジャケットがお好きなようでございます。ジャケットの経年具合およびデニムのサイズ感などが完璧でございます。参考までにジャケットの腕の長さに関しては経年によるシワで多少短くなるので、購入時には長くてもそれほど問題とはなりません。



ご予算に余裕が無い場合はバルスター型ブルゾンでもよろしいかと思います。ライダースジャケットと比較するとこちらの方がエレガントな印象で、体の動きに余裕があります。いずれの場合も、コーディネートの際にスカーフを巻くと上級者風となります。



ちなみに上記は、今見るとイケていない印象の8年前のAraki_K氏でございます。最も大きな原因としましてはライダースジャケットの調教不足が挙げられます。購入した1シーズン目とのことなので特に胸や胴のあたりの風格が足りません。内側のパーカーも今ひとつであります。さらにデニムもサイズ感および高級感に欠ける部分があります。この点をご本人に伺うと、体重が増えていた時期なので仕方がないとのご返答でした。

【関連記事】
TOYS McCOY BECK 666のライダースジャケットの思い出


2015年11月14日土曜日

ダブルのキャメルコートの着こなし(初級者向け)

 
キャメルコートは毎年今ごろから着用される方々増え始め、特に女性の場合は定番となっている印象すらあります。しかしながらダブルとなりますと女性はもとより、男性の若者さんたちでも着用に二の足を踏むことになるかと思います。

ダブルのコートはピークドラペルで襟の面積が大きく、どちらかと言えば大人の男性に似合う感じです。また、数が多いボタンが外観のアクセントとなっています。さらに天然素材のボタンで、なおかつボタン同士の間隔が広く配置されているとゴージャス感が増幅いたします。



意外と前ボタンを外した状態でも様になります。この場合はスーツもダブルなのですが、スーツの前ボタンまで外すと少々やり過ぎの印象となります。



このモデルさんの場合は何を着ても似合うわけですが、定番であるグレーのスーツとの組み合わせであります。ちなみにジャケット無しでジレと組み合わせてもカッコ良く決まります。



前ボタンを留めたビジネス スタイルの着こなしですが、意図的に第2ボタンを留めております。さらに白のポケットチーフを挿してオシャレ感を出しています。参考までに差し色として手袋をポケットに挿す手法もアリかと思います。



購入に躊躇される場合、チャールズ皇太子もお召しになられていることを言い訳にされるとよろしいかと思います。


2015年11月11日水曜日

印象的なイタリアの女性歌手

 
Arisa - La notte (videoclip)

実は私、こう見えて大学の学位はクラシック音楽でございます。音楽家になろうと思ったわけでは無いのですが、とりあえず音楽の理論はある程度理解しております。その私の意見としましてはPOP音楽であっても長調・短調・三拍子を使えば音楽の幅が広がるということであります。国内においては中島みゆき氏などの楽曲がこれに当たるかと思います。

Arisa(アリサ@arisamusic)はイタリアで人気の女性歌手ですが、日本における知名度は低いと思われます。彼女の楽曲は多様性があり、長調・短調・三拍子が含まれています。そして今までに『Sincerità - 2009年』・『Malamoreno - 2010年』・『Amami - 2012年』・『Se vedo te - 2014年』と4枚のアルバムを出しております。参考までに上記のLa notteはAmamiに収録されています。

彼女の音楽はちょっと違った感じのBGMをお探しの店主様や、イタリア系の物品などを取り扱っている店舗のBGMに良いかもしれないと思う次第であります。




2015年11月9日月曜日

Viktor&Rolf(ヴィクター&ロルフ)の眼鏡

 


私の顔は横長レンズの眼鏡が似合うようでありまして、過去にも何回か購入したことがあります。しかしそれらも古くなってきたので、新しいものを探しておりました。最近は知り合いの店員さんに『え!また眼鏡を買ったのですか?』などと言われますが、似合ってしまうので仕方が無いのでございます。



今回アウトレット モールで購入したのはViktor&Rolf(ヴィクター&ロルフ@viktor_and_rolf)の眼鏡でございます。モデルは70-0105でありますが、すでに廃版となっている模様です。オランダ発の同ブランドは衣服専業の印象が強いのですが、眼鏡に関してもなかなか高品質といった感じです。参考までに購入価格は定価28,000円の60%オフで、11,200円+消費税でございました。



鼻当ての部分の形状が独特であります。そしてレンズはわずかに黄色味を帯びており、紫外線透過率は1%以下との表記があります。同ブランドの眼鏡類はフランス製もしくは(株)村井の日本製とのことであり、この眼鏡は(株)村井の取り扱い説明書が同梱されておりました。



ちなみに上記はViktor&Rolfの購入に伴って処分することになった3本の眼鏡で、上の2本がKazuo Kawasakiで下がAlain mikliであります。いずれの眼鏡も購入してから7年以上経過しているので、これを期に売却などをすることにいたしました。

ヴィクター&ロルフ取り扱い店舗 - ファッションプレス


2015年11月7日土曜日

Gジャンとコートのコーディネート(上級者向け)

 
40歳代におけるイタリアかぶれのメンズ ファッションは、テーラードジャケットを基本とすることが多いかと思います。これによってシャツやパンツなどの組み合わせを考える能力が向上してまいります。

そして数シーズンを経過すると組み合わせに慣れるので、その時点でテーラード ジャケットはとりあえず卒業であります。次の段階としては冬季であればコートをテーラード ジャケットの代替えとしたり、またはローゲージニットなどを試すことになります。



上記のコーディネートはGジャン(デニムジャケット)の着こなしとしては上級者向けであります。Gジャンはフード付きパーカーなどを下に着るなどの組み合わせが一般的ですが、このようにコートと組み合わせてカッコ良くするのは想定外でした。

またGジャンの下にはタートルネック、そしてグレーのウールパンツも見逃せません。このコーディネートのポイントはGジャンで上半身を固めている点であります。そういった意味においてはGジャンの代わりに皮革のライダースジャケットでも可能かもしれません。

ちなみにモデルも玄人さんであり、このコーディネートもメディア向けの試行錯誤の結果であろうと思われることを考えると一般向けとは言えませんが、少なくとも色彩や薄手のコートの着こなしの参考にはなると思います。



2015年11月4日水曜日

テーラード ジャケットとデニムの組み合わせ(初級者向け)

 
個人的には40歳代のオシャレ デビューは、テーラード ジャケットとデニムの組み合わせから始めると簡単であると思っております。その際の組み合わせは暗色系のテーラード ジャケット・コットン素材のシャツ・細身のデニム・外羽式の革靴がベストであると考えております。


上記はダニエル クレイグ氏の映画記者会見におけるスナップであります。ちなみに氏のプライベートにおけるファッションは特筆するべきものが少ないのに対し、映画の中におけるスーツ姿は素晴らしいものがあります。そしてテーラード ジャケットの第2ボタンをはめている点を除き、このスタイルの真似をすれば90%は完成すると思います。

テーラード ジャケットの着丈は特に問題とはなりませんが肩幅をしっかりと合わせ、袖は袖口からシャツが見える長さにいたします。ネクタイやベストは必要ありませんが、シャツは白くて厚手のコットン素材のほうが良いと思います。またデニムの裾はロールアップしたほうがイタリア風と言いますか現代風の印象となります。

参考までに、これに派手目の靴下と黒縁眼鏡などを加えることよってグレードアップした休日スタイルに変身いたします。



2015年11月1日日曜日

Italia Independent 0090CVのサングラス

 


先日のセールでは私の飼い主(妻)もItalia Independent(イタリア インディペンデント@italiaindependent_japan)のサングラスを購入いたしました。ただしお値段は私の眼鏡の倍ほどの1万円台でございました。さらに均一価格セールの中から偶然彼女が選んだのは、ベルベット+スワロフスキーの組み合わせという定価45,360円の最も高価なお品でした。

同ブランドのサングラスは比較的軽量であります。また他のブランドには無いデザイン性もございます。特に最近のモデルにおいてはレンズが良くなった印象で、グラデーション レンズやミラー レンズには高級感があります。また今後は他の分野のブランドとのコラボレーションも積極的に展開するようであります。

【関連記事】
Italia Independentの眼鏡



2015年10月30日金曜日

2色以上の革靴のお手入れ

 


革靴も増えてきますと上記のような2色以上の革靴を購入する機会もあるかと思います。さらにこの靴の場合は微妙なグラデーションおよびブローグ(穴飾り)のおまけ付きであります。こうなりますと、塗布するワックスに悩むわけでございます。

購入時には茶色と灰色のワックスで十分ですと言われたものの、いざワックスを塗るとなると作業が煩雑となります。結局ステファノ ブランキーニの靴紐の取り外しは面倒という一面もありましたが、この靴は何度かワックスを塗ったもののその後は放置してしまいました。

またこのような革靴は長期間放置すると退色するので、定期的に補色する必要があります。とは言っても補色には限界があるので、保革クリームを塗布することにいたしました。ちなみに有機溶剤を含むクリームは、若干ですが色落ちするようなので天然成分のものを選びました。



コロンブスのブリオ レザーコンディショニングクリームは天然成分のワックスを使用しており、上記のような事情をお話しした店員さんが勧めてくださいました。クリームは白色のプルプルとした感じで伸びも良く、乾拭きすると光沢も出る印象です。そして靴の他にも財布やバッグに使えそうであります。




2015年10月28日水曜日

Italia Independentの眼鏡

 


古くなった伊達メガネの代わりを探していたところ、セールで良い眼鏡を見つけました。Italia Independent(イタリア インディペンデント@italiaindependent_japan)は、先日まで2日間にわたって来日中であったラポ・エルカーン氏が立ち上げたイタリアのブランドでございます。

同ブランドのサングラスといえばベルベット素材を使用したり、キャッツアイやバタフライなどのモデルが有名ですが普通の眼鏡フレームもラインナップされているのは知りませんでした。ちなみにいずれのサングラスもイタリア製である模様です。

今回購入した眼鏡は品番から探すことができなかったので、サンプルもしくはプロトタイプかもしれません。非常に軽量で、鼻当ての部分なども凝った作りになっています。そして定価は不明ですが、1万円を切るセール価格でありました。

同ブランドのサングラスの中心価格帯は2万円台後半で、他のブランドと比較すると1万円ほど安い印象です。参考までにデザインや素材が革新的な一面があるので、40歳代の男性が着用するには難しい部分があるかもしれません。



2015年10月26日月曜日

シャルベのオレンジ ネクタイ

 


先日、セールでCharvet(シャルベ)のネクタイを購入いたしました。1万円という価格は、ちょっとした贈答用として最適であったのでとりあえず購入した次第です。このネクタイの素材は100%シルクであり、定価は2万円台半ばといった感じです。

一般的にシャルベのネクタイは2種類に分けることができるかと思います。ひとつは政治家さんの着用で有名な光沢のあるシルク100%素材です。これは見た目のインパクトが大きいので、上手にコーディネートできればテレビなどの画面で映えると思います。ちなみに麻生太郎財務大臣が、答弁でシャルベのネクタイを着用されているのをテレビで見かけたことがあります。

もうひとつは一般的な柄のネクタイですが所々でシャルベらしさが光る上品な柄のもので、私はこちらの種類のネクタイを3本持っております。この種類は対応する年齢層が広いので、比較的コーディネートが容易かと思います。

参考までに今回購入した際、店員さんが固めのボール紙の袋に入れました。これは剣先を保護するためには良いのですが、折シワができてしまいました。とりあえず何とか対応できるレベルのシワなのですが、やはり箱に入れていただくべきであったと後悔いたしました。

プレゼント用のネクタイは、もらって開けた際に折シワがあると嬉しさ半減であります。特に高価なネクタイの場合は薄紙などで包装していただいたあと、薄い箱に入れてもらったほうが安全であると思います。

【関連記事】
Charvet(シャルベ)の7cm幅ネクタイ


2015年10月24日土曜日

Church's(チャーチ)のShanghai(シャンガイ)

 


4年前の夏ごろにChurch's(チャーチ@churchs)のシャンガイというモデルが国内で爆発的に有名になりました。このモデルは同ブランドとしては異色の経年加工が施され、イタリアではここぞとばかりに履いているスナップ写真を良くみかけました。ただ当時は日本で品薄であり、また12万円を超える可愛くない値段も相まって、履いている方はそれほど多く見かけませんでした。



当時海外通販デビューをしていた私は、同ブランドの似通ったモデルであるFRAMPTON(生産中止)をイタリアのサイトで見つけて個人輸入いたしました。シャンガイほどのインパクトは無いものの、総額3万円以下であったので上手にお茶を濁すことができました。

その後、現在に至るまでシャンガイはセール価格であっても6万円台が底値といった印象です。参考までにシャンガイは素足でも細身のパンツでも良く合います。初心者の方にはオススメできませんが、INCOTEXやPT01などがお好きな方であれば上手くコーディネートできると思います。


2015年10月21日水曜日

靴磨きは霧吹きが有効かもしれません

 


革靴磨きも数が多くなるとちょっとした労働となります。さらにハイシャインと呼ばれる鏡面に近い仕上げにすると結構疲れるのであります。私の場合は革靴の先端とかかとをハイシャイン仕上げにしているので、同じ箇所に複数回ワックスを塗布して磨き上げております。

ハイシャイン仕上げは、塗布したワックスの上に水を数滴垂らして輝きを出します。したがって毎回ワックスのフタに入れた水を垂らしていましたが、先日面倒になってアイロンがけに使用している霧吹きで水をかけてみました。するとこれが結構良い感じでありました。

しかもワックスを1回塗布して霧吹きで水をかけ、乾拭きするだけでハイシャインに近くなるのであります。理由はよくわかりませんが、恐らく霧吹きの水滴が細かいことが理由と思われます。ちなみに使用した霧吹きはThe Laundress(ランドレス@thelaundressjp)の使用済みのボトルを再利用したものです。

霧吹きに関しては細かい霧が出るものが良いと思います。使用中に水滴が垂れるような粗い霧の霧吹きは適さないかもしれません。完璧なハイシャインを目指す方には向きませんが、とりあえず輝きを出すのであればこの方法は良いかと思います。

【関連記事】
(へ)変態さん御用達のSaphir Noir (サフィール ノワール)のビーズワックスポリッシュ


2015年10月19日月曜日

BelstaffのMilfordコート

 
どうやら2016年にSherlock(シャーロック)のシーズン4がBBCで放映されるようですが、同テレビシリーズで使用されていたMildfordコートの新作がBelstaff(ベルスタッフ@belstaff)のオンラインショップに登場いたしました。



このコートは見かけと違ってダブルのコートであります。また前作と違って灰色となっております。長身の方が着用すれば超絶にカッコ良いと思うのですが、日本国内には無いので試着もできません。

お値段も$2,295(約27万4千円+送料等)とのことなので、簡単に勝負ができずにすでに諦めモードです。このコートは同ブランドの定番アイテムとならなければ数シーズンで姿を消す可能性があるので、そのあとに時間をかけて探そうかと思います。

注:新宿伊勢丹メンズ館6Fおよび名古屋松坂屋にて一部モデルの取り扱いがあります(2016年8月)

【関連記事】
Sherlockのコートが復活した模様です




2015年10月14日水曜日

LANA DEL REYは良い感じでございます

 

私はセレクトショップやセール会場で流れるBGMを注意して聞いているのですが、なかなか良い音楽に巡り合うことがありません。個人的にはジャズやクラシック音楽は今ひとつと言った感じですし、ポップ音楽であっても選曲によっては店内が安っぽい印象になる場合があるかと思います。そうかと思えば謎の中華料理店で、北欧のクールな音楽が流れていることもあります。

結局は選曲をしている方の趣味ということになりますが、先日久しぶりに良い感じの音楽を聞きました。どこのお店であったのかは思い出せないのですが、LANA DEL REY(ラナ・デル・レイ@lanadelrey)であったことは間違いありません。彼女はアメリカの歌手で過去に4枚のアルバムをリリースし、最新作の『Honeymoon』はつい先月末に発売されたばかりです。彼女の曲は退廃的で落ち着いた感じのものが多く、比較的高級なセレクトショップなどのBGMとして良いかもしれません。




2015年10月10日土曜日

ちょっと気になるParajumpersのHarris

 
PARAJUMPERS STORIES - ITALIAN DESIGNER IN NEW YORK

PARAJUMPERS(パラジャンパーズ@parajumpers_official)はアラスカに配備されたレスキュー部隊にインスパイアされたデザイナーが立ち上げたイタリアのカジュアル ブランドであります。近年は都内でもアウターを着用している方を見かけるようになりました。

同ブランドのアウターの特徴はファー付きのフードと左胸の大きなポケット、そしてナイロンストラップが付いた金属製のチンストラップです。また実際に極寒地で着用することが可能なモデルも存在するオシャレなアウターでございます。参考までに冬用アウターは10万円前後からスタートする価格帯となっております。



今年の秋冬シーズンではBRITISH CONNECTIONと呼ばれるラインが登場いたしました。中でもPeersと上記のHarrisというモデルがちょっと気になっております。このモデルはナイロン素材とハリスツイードを組み合わせることにより、寒冷地の都会でもさらにカッコ良く着こなせるようになった印象です(Peersはハリスツイードを使用してないと思われます)。

Peersに関しては国内においてmatopoが162,000円(税込)で販売しておりますが、新しいモデルなので入荷に関しては確認しておりません。またHarrisは同ショップでも取り扱いが無いかもしれません。ちなみにHarrisはイタリアのオフィシャル オンラインショップにおいて172,800円(税込)で販売されています(別途送料6,754円)。

【関連記事】
Parajumpers(パラジャンパーズ)のアウターウェア


2015年10月4日日曜日

PT01のコーデュロイ パンツ

 


今年に入ってからパンツの処分を始めました。特にサイズが小さめでストレッチをしないものは優先的に処分しました。一部例外はありますが、私の持っているパンツは3年ほどで処分または売却いたします。参考までに私のサイズは44または46なのですが、44が多かったのでそれらが対象となりました。

PT01(ピーティーゼロウーノ@pt_japan)は日本における人気が高く、日本法人まで立ち上がった大人気のイタリアのパンツ専業ブランドであります。そして私が持っていた同ブランドのパンツのサイズは44がほとんどであったため、思い切って余裕がある46に入れ替える方針にしました。

とは言っても一度に入れ替えるとなると費用がかかります。したがってセール品を見つけた場合などに限ることにしました。今回のパンツは都内のUSEDショップで、1万円程度で発見したので購入しました。このパンツは46でありながら、Super Slim Fitとの記載があって感覚的には44に近いものがあります。


2015年10月1日木曜日

サスペンダーのボタンを付けました

 


冬用のパンツにサスペンダー用のボタンを付けようかと思い立ちました。過去には自分で取り付けたものの見事にほつれ、以降お直し屋さんに出しております。ボタンに関しては別途に購入したりしていますが、今回は廃棄処分したパンツのボタンを流用いたしました。

一般的なボタンの取り付け位置としてスーツのパンツはすべて内側、デニムはすべて外側という場合が多いかと思います。カジュアル パンツに関しては決まりがありませんが、私は前が内側で後ろは外側にしています。後ろを外側にする理由は、座ったときにボタンが腰に当たると痛いからであります。

ボタンの間隔は取り付けるサスペンダーにもよりますが、ボタン中心から5cm間隔程度で良いかと思います。また、取り付け費用は1個あたり200円前後といったところです。個人的にはサスペンダーはボタンで吊るした方がカッコ良いと思うのですが、初めて着用するのであればクリップ式でも構わないと思います。


2015年9月28日月曜日

Pantanetti(パンタネッティ)の革靴

 
1年半前にYoox(ユークス・ドットコム:@yoox)で見つけたPantanetti(パンタネッティ@pantanetti)の革靴はカッコが良かったものの、どうしても1万円以下で入手したいとの強い思いがございました。参考までに定価はイタリア本国において250ユーロ(約34,000円)、国内では5万円前後でありました。Yooxにおいても15,000円前後だったということもあり、購入を見送っている間に売り切れました。

Pantanettiはイタリアのブランドでありまして、私は過去に2足購入したことがあります(いずれもYoox)。同ブランドのサイズはハーフサイズ大きめの表記といった印象ですが、使用している皮革が柔らかくて良い感じでした。そして1足は履きつぶし、もう1足は甲部分のシワが足に当たって痛くなってきたので売却いたしました。



そして今年の春になって再び同じモデルがYooxに登場いたしました。しかしお値段は相変わらずの1万円台中ごろなので、とりあえず見ているだけという状態が続きました。ちなみにこのモデルは2色の皮革が使用されているのに加えて意図的にキズなどの経年加工が施され、それも見た目のカッコよさとなっております。



今回も諦めて見ず知らずのイタリアのオンラインショップで同じモデルを勝負してみようかと考えていた矢先、突然Yoox定例の90%オフの対象となりました。とりあえず2,200円の送料はかかるものの、6,700円まで下がりました。しかも幸運なことに私は20%オフのクーポンも持っておりました。



結局、送料込みで7,560円というお値段で購入することができました。ここまで我慢をした自分を褒めてやりたい感じです。サイズはEU39.5で、24.5cmの私の足にはジャストでした。皮革に伸縮性がある紐靴なので、恐らく39または40でも何とか履けると思います。このブランドはイタリアでは安く購入できるので、Ebayの出品をご覧になられたい方はこちらにどうぞ。

【関連記事】
(あ)案外良かったPantanetti(パンタネッティ)の靴


2015年9月26日土曜日

MABITEXのパンツ

 


黒いパンツを探していたところ、いつでもセール中のYoox(ユークス・ドットコム:@yoox)でMABITEX(マビテックス)のクラシックパンツを見つけて5,000円ほどで購入いたしました。MABITEXはイタリアのパンツ製造を主としたブランドですが、現在はあまり活動していないように見受けられます。

日本におけるイタリアのパンツ ブランドはINCOTEXまたはPT01が大人気でありますが、イタリア本国にはさらに多くのパンツ ブランドが存在いたします。一般的にイタリア製のメンズ パンツはお尻が綺麗に見えるので、後ろ姿もカッコ良くなります。また足のシルエットもスッキリするので、一度は試してみる価値はあると思います。



イタリア製パンツの内側は凝った作りも多く、外側から見えないにもかかわらずカラフルな色が使用されていることもあります。ただし個人的には後ろポケットのボタンやフラップが(恐らくスリ対策)、財布を入れる際に引っかかることが多いので今ひとつ使いづらい印象です。


2015年9月24日木曜日

全身ネイビーのコーディネート(上級者向け)

 
全身を同色系でまとめる場合は色が限られてまいります。またシャツの色まで同じにするのは難しい面もあります。赤や黄などは想像した時点で無理っぽい感じで、白または黒は着用する場面によっては可能といった印象です。結局ネイビーやブラウン、特にネイビーあたりが無難かと思います。



上記は先日開催されたISETAN MEN’S 12th Partyのスナップに収まった得意げなAraki K氏であります[PARTY SNAP|ISETAN MEN’S 12th Party]。氏によるとスナップ写真を撮られることはまったく考えていなかったので、偶然による全身ネイビーのコーディネートであるとのことです。

参考までに着用しているブランドはLa Font(サングラス)、Ernesto(ジャケット)、Roda(チーフ)、無名ブランド(デニムシャツ)、PT05(デニム)、ベッタニン&ベントゥーリ(ローファー)、Tuum(指輪&ブレスレット)、Terra Cielo Mare(腕時計)であるとおっしゃっていました。

【関連記事】
ISETAN MEN'S 12th Partyに行ってきました



2015年9月22日火曜日

40歳代メンズのデニムシャツのコーディネート(中級者向け)

 


上記の写真のようにデニムシャツと呼ばれるシャツは、ウエスタンシャツまたはドレスシャツのデザインの2つに分類されるかと思います。街で良く見かけるのは、両胸のポケットにフラップが付けられているなどの特徴があるウエスタンシャツといった印象です。

ウエスタンのデニムシャツは生地が厚めなのに加えて金属のスタッズ(鋲)などで装飾されている関係で、裾をパンツの中に入れると上下のバランスが合いません。したがって着用の際には中にTシャツなどを着て裾をタックアウト(出して)するのが一般的です。

一方でドレスシャツは薄い生地で、普通の長袖シャツと同じ作りになっております。着用も裾をパンツにタックイン(入れて)してワイシャツ同様の着こなしをいたします。そして40歳代のオシャレとして、このドレスシャツ タイプのデニムシャツをオススメするわけであります。



オススメする大きな理由は普通の長袖シャツと同様に着用することができる点です。簡単に言えばブルー シャツの代わりとして上にジャケットを着用することも可能です。またこのデニムシャツはカジュアル寄りの印象となるので、デニムとの組み合わせも良い感じです。



シャツ単体で着用する場合も裾はタックインいたします。ネクタイを着用する場合は素材にかかわらず単色が良いと思います。特にブラウンまたはネイビーのネクタイと合わせると上級者のコーディネートとなります。



さらに白いパンツとの組み合わせができるようになれば、立派なイタリアかぶれの紳士に変身でございます。デニムシャツのコーディネートは季節をあまり問わないので、1枚持っているとコーディネートの幅が広がると思います。


2015年9月20日日曜日

腕時計の自動巻き上げ機は便利です

 
自動巻き腕時計を複数本所有しておりますと、自動巻き上げ機が必要になってまいります。一方でゼンマイの巻き過ぎは良くないとか、部品の消耗が激しくなるので必要無いという意見もあります。個人的には巻き上げ機を使用すれば日付合わせの労力が減ったり、時間合わせ無しで即座に着用できるのでオススメしたいところであります。

部品の消耗に関しては、定期的に時計をオーバーホールに出すので気にしていません。むしろ使用しないことによる竜頭の操作が、竜頭のネジ山やその周辺部分を摩耗させることの方が心配であります。ちなみに腕時計が2本程度でしたらローテーションで使用すれば特に自動巻き上げ機は必要無いと思います。

近年は巻き上げ機の種類も豊富になっておりまして、海外製まで含めると多くの種類が存在いたします。私の場合は数年前にヨドバシカメラで購入したMARINE CORPORATIONのRS-AW3800というモデルを今でも使用しております。当時のお値段は35,000円程度であったと記憶しています。



このモデルは作りが簡単なので腕時計の取り外しが楽な一方、最近の巻き上げ機に装備されているタイマーがありません。したがって電源タイマーを別途購入して1日8時間ほど稼働させています(4本巻きですが、見やすいようにホルダーを1本外してあります)。



1日8時間の稼働でまったく問題は無いのですが、経年などによってホルダーのOリングが底部のドーナツ型ラバーとうまく接触しなくなりました。こうなりますとホルダーが空転し、腕時計本体も回転しません。ドーナツ型ラバーにスプレー糊などを塗布して接触面の抵抗を増やしましたが、改善しないのでヨドバシカメラの通販サイトで修理キットを購入してOリングとドーナツ型ラバーを交換しました。



しかし修理キットを取り付けても空転する場合があるのでホルダーのOリングを外して輪ゴムを巻きつけ、その上からOリングを装着して直径を広げたところ空転の症状が改善されました。ちなみにこの症状は水平面に置いても発生するので、傾斜の問題では無いと思われます。私見ではありますがホルダー本体の重量を増加させたり、ホルダーを差し込む金属棒の長さを変えてホルダーと金属棒の接点をズラせば改善するような気がします。

追記:ゴム製のOリングは汎用部品らしいのでシリコン製に交換したところ、摩擦不足による空転が少なくなりました。ちなみに内径は25mmです