2015年1月19日月曜日

OLIVER GOLDSMITHの眼鏡を購入しました

 
先週末に去年から探していた茶色フレームの眼鏡をようやく購入いたしました。Oliver Goldsmith(オリバー ゴールドスミス@olivergoldsmithsunglasses)は老舗の英国ブランドで、このモデルを含む近年の製品は日本製であるとのことです。



茶色のフレームの眼鏡を探していた理由は、コーディネートの幅を広げるためであります。これによって顔の印象が変わるだけでは無く、服装の色に合わせやすくなります。と言うものの、単純に黒のフレームに飽きたということもあります。

ちなみに国内では眼鏡やサングラスはセールになることが少なく、さらに意外と毎年モデル チェンジをしているので、気に入ったモデルはその場で購入しないと買い逃がすこともあります。

このフレームのモデル名はVICE CONSUL-Sでフレームはべっ甲柄、そしてセルロイド素材であります。レンズは純正では無く、15%の茶色が入ったグラデーションをかけたものと交換しました。お値段は本体と4,000円のレンズ代金を含めて約44,000円でありました。

参考までにこのモデルの詳細についてはブリンク青山本店のブログをご参照ください。
オリバー ゴールドスミス VICE CONSUL-S の”セルロイド製”徹底研究

【関連記事】
Oliver Goldsmith CONSUL 1959を購入しました
サングラスの形状と選び方(図解)
40歳代のメンズ サングラスと眼鏡ブランド



0 件のコメント:

コメントを投稿