2015年1月28日水曜日

ワンループから簡単に移行できるメンズ ストールの巻き方

 
世の中にはストールの巻き方が数多く存在するので、カッコ良く巻こうと思っても複雑で面倒なケースが出てまいります。近年は男性のジョルジナ巻き(フィレンツェ巻き)を見かけるようになりましたが、それも面倒くさいと考える方に以下の巻き方をオススメいたします。見た目はジョルジナ巻きとあまり変わりませんが、できれば長さが180cm以上のストールの方が見栄えが良くなると思います。



基本となるのは、日本人男性の8割以上が利用していると思われるワンループ(パリジャン ノット)巻きです。ワンループでは2つに折ったストールの両端部をループに入れますが、この場合は最初に内側の端部をループに通してループを180度回転させ、そのあとに外側の端部を回転させたループに通します。

この巻き方は海外ではフォー イン ハンドまたはフレンチ ツイストなどと呼ばれているようです。ジョルジナ巻きでは最初に左右不均等に垂らす必要がありますが、フォー イン ハンドでは均等な二つ折りから始めるので難易度が下がります。というわけで、ワンループの巻き方に飽きた方にオススメであります。


0 件のコメント:

コメントを投稿