2015年2月22日日曜日

40歳代のスニーカー選び

 
最近は40歳代でもカッコ良く履けるスニーカーの種類も増えてまいりました。履きやすさと見た目のバランスから言えばNew Balanceが良いと思います。またスポーツ系ブランドのスニーカーも安価でカッコ良いものもあります。そして今回取り上げるブランドは、すでにそういったスニーカーを履いた経験がある方に向けたものであります。

参考までにヨーロッパのブランドの場合、試し履きが必須でございます。特に私のように踵が細い方は、踵が抜けやすいスニーカーは避けた方が無難です。そのようなスニーカーは、紐をどのように結んだとしても踵が落ち着くことはありません。また雨天時の使用も考慮する場合は皮革製をオススメいたします。

Diadora Heritage(ディアドラ ヘリテージ@diadora_japan
イタリアのスポーツ シューズ ブランドから派生したスタイリッシュなラインです。それほどアクが強くないので、服装に合わせやすいかもしれません。中心価格帯は2万円台前半です。


Dsquared(ディースクエアード@dsquared2
日本にも路面店を構え、鬼のような勢いで新作を発表し続けるイタリアン モードのブランドです。スニーカーは堅牢な作りで、細い踵の方でも抜けることはありません。売れ筋の価格帯は5万円前後で、セールで3万円台で購入することも可能です。ただし偽物が大変多いので、オークションによる購入は避けた方が無難です。


Gucci(グッチ@gucci
ハイ ブランドのスニーカーで迷ったら、同ブランドのシグネチャーウェブなどの定番モデルを購入しておけば問題は解決いたします。6万円以上の価格帯となりますが、カジュアルな服装においてシンプルで上品な足元のゴージャス感を演出することが可能となります。


maccheronian(マカロニアン)
日本人デザイナーによるルーマニアのブランドです。フラットなデザインのスニーカーですが、履きやすくて見た目もスタイリッシュな印象です。中心価格帯は1万円台中ごろといった印象です。


Philippe Model(フィリップ モデル@philippemodelparis
ユーズド加工などの特徴的な外観を持つフランスのブランドです。近年雑誌などで大きく取り上げられることも多くなりました。4万円前後から始まる価格帯ですが、履き心地は良いものの正直それほど高価なスニーカーには見えません。


Premiata(プレミアータ@premiataofficial
イタリアの老舗靴ブランドですが、最近はスニーカーが注目されるようになりました。独特の渋い外観が特徴ですが、初心者の方には服装との合わせ方が難しいかもしれません。中心価格帯は3万円台中ごろといった感じです。



0 件のコメント:

コメントを投稿