2015年8月30日日曜日

オシャレっぽいメンズのハンカチ

 


近年は多くの施設のトイレにペーパータオルやドライヤーなどが設置されていることもあり、ハンカチの出番は少なくなっております。しかもトイレでの使用限定であればオシャレである必要性はありません。また夏場に汗を拭くという用途であればタオル生地が便利ですが、畳むとかさ張りますし見た目もオシャレとは言えない部分もあります。

そういった事情を考慮すると一般的なブランドの綿素材で妥協しがちでありますが、私としましては無地+縁(ふち)のパイピング デザインを推奨してみたいところであります。さらに高級感があるリネン素材にもこだわりたい部分もあります。そのような条件でハンカチを探してみたのですが、それほど多くの種類は無い印象です。参考までに価格帯は3,000円前後なので、プレゼント用としては良いかもしれません。


Pint!(ピント)
オーガニック素材の製品を製造している日本のブランドで、オーガニック リネン ハンカチ(3,564円~4,320円)が良い感じです。


ハンカチ専門店 H TOKYO
ハンカチを専門に製造している日本のブランドで、ラグジュアリー ハンカチ(2,160円~3,024円)がシンプルで使いやすそうです。

ちなみに外国製とういことであれば、ポケットチーフも製造しているmungai(ムンガイ)というイタリアのブランドが良いかもしれません。



2015年8月28日金曜日

Sherlockのコートが復活した模様です

 


Benedict Cumberbatch(ベネディクト カンバーバッチ)氏が主演していたBBC製作テレビドラマのSherlock(シャーロック)おいて、使用されていたコートが今年の秋冬シーズンに復活するとのことです。

このコートはBelstaff(ベルスタッフ@belstaff)のMilfordと呼ばれるモデルで、2010年の第1シーズンの放映当初から一部で注目されておりました。放映時点で廃盤になっていましたが、人気があったので後年レプリカも見かけるようになりました。



今回復刻されたMilfordコートのデザインはオリジナルと同様ですが、素材などが異なるようです。特に襟のフラワーホールは赤い糸で縫われていたものが通常の糸になっております。現時点においてオンラインショップに掲載されておりませんが、価格は恐らく20万円を超えるものと思われます。

また同ブランドの今シーズンのラインナップには少々変わったテイストのウェアも含まれているようでして、個人的には以下の革ベストが気になっております。このベストがニットと一体になっているのかは不明ですが、いずれにしろMilfordコートと同様に国内で販売されることは無いと思います。



【追記:2017年8月】
Milford Coat(ミルフォード コート)は国内において税別20万円を下回る価格で、2017年秋モデルより新宿伊勢丹およびGINZA6で販売が始まります。外観および素材はシャーロックで使用されていたモデルとは異なります。しかし背中の形状は以前のモデルを継承している印象です。詳細はNEW MILFORD COATをご参照ください。

【関連記事】
BelstaffのMilfordコート




2015年8月25日火曜日

緑色のネクタイもカッコ良く見えます

 


単色・レジメンタルストライプ・ペイズリー柄などのネクタイを一通りお持ちの方であれば、緑色のネクタイもオススメであります。ただしサテン生地のような光沢の明るい単色の緑色のネクタイは安っぽく見える場合があるので、可能であれば濃い緑色のシルクタイなどがよろしいかと思います。個人的にはペイズリー柄が合わせやすいと思います。

合わせるスーツはグレー系または茶色が無難でありますが、最初はグレー系が容易かと思います。また西洋においては結婚式の出席者の服装にグレーのスーツが幅広く着用されており、そういった場合のネクタイはピンクと並んで緑色も見られます。そう考えると国内でもパーティーで明るめのレジメンタルストライプの緑色ネクタイなどを着用しても良いかもしれません。

茶色のスーツの場合は明るい緑色のネクタイを合わせるのは難しく、かなり濃い目の緑色のほうが良いと思います。いずれにしろコーディネートは濃い色のスーツであれば濃い緑色のネクタイというように、ネクタイの濃度とスーツの濃度を合わせるようすれば上手くいくと思います。



2015年8月21日金曜日

約40年前のRolexをオーバーホールしました

 


20年ほど前から家で眠っていた2本のRolexがございます。これらは一般的なオイスターパーペチュアルデイトで、結婚指輪の代わりに購入したものであります。当時は中古Rolexの文字盤の色を変えて改造することが流行っておりまして、メンズは赤でレディースは青の文字盤で購入いたしました。

結婚指輪は当時も今もデザインがよろしくないどころかどう考えても服に合わず、しかも常時着用などという取り決めが嫌いでありました。そういった経緯もあって腕時計をお互いに購入したわけであります。確か当時はそれぞれ18万円ほどの価格であったと思います。

購入した時点で20年近く前の時計ということもあり、機械の状態があまり良くありませんでした。何度か購入したお店で直していただいたのですが、良くなることはありませんでした。そういった経緯もあって2年くらいで使用しなくなり、物入れの奥深くで眠ることになりました。

当時はこうした改造Rolexは正規店でのオーバーホールや修理を受け付けてもらえなかったので、元に戻すという考えはありませんでした。とは言うものの捨てたり部品取りで下取りに出す気にはならなかったので、それからさらに10年以上放置しておりました。

その間にRolexを含む機械式腕時計を購入したり手放したりしましたが、今年に入ってアクセサリ類の整理を始めました。その一環として2本のRolexを時計屋さんに持ち込んでみました。部品取りでも構わないと思ったのですが、お話によれば文字盤を元に戻すことが可能とのことでした。参考までに日本Rolexでは、すでにこの年代の時計のオーバーホールは受け付けていないとのご説明でした。

そうなりますとアンティーク時計としての価値が出てきたように思われました。費用を伺ったところ文字盤の修復とオーバーホールの部品代等を含め、2本で約15万円との見積もりでありました。文字盤の修復には事情があって時間がかかるので、期間はそれなりになると言われましたがお願いすることにいたしました。

そして先日、約4ヶ月の期間を経てオーバーホールから戻ってきました。文字盤は見事に純正に戻り、機械も順調に動いておりました。ちなみに外観の傷などは磨かずにそのままにしました。現時点でこの年代のRolexを購入するとそれぞれ15~25万円程度であり、状態が不明な場合が多いことも考慮するとオーバーホールをして正解であると思います。

Rolexの現行品は価格が上昇しているので、こうしたアンティーク品の購入を検討する場合もあるかと思います。しかしながら信頼のおける時計屋さんを見つけて購入しないと修理を繰り返すことになり、時計に嫌気がさすので注意が必要です。一般論ではありますが、アンティークRolexのオーバーホール費用は3万円~が相場のようです。


2015年8月16日日曜日

(ひ)日焼けにCARITAのオイルを使おうかと思います

 


夏の日焼けにオイルは欠かせませんが、ドラッグストアなどで販売しているオイルでは今ひとつテンションが上がりません。今まではそうしたオイルのSPF2やSPF4を使用しておりましたが、そろそろ違うオイルを試してみようかと思い立ちました。

そしてヨーロッパなどで日焼け歴が長いゴージャスなお姉さまに伺ったところ、日焼けはお肌の乾燥がよろしくないのでそれを防ぐオイルを使用していらっしゃるとのことでした。参考までにサンタンオイルなどはあまり使用されていないとのことでした。

というわけでCARITA(カリタ)のオイルを紹介していただきました。お値段はゴージャスな10,000円であります。このフランス製のオイルは柑橘系の香りで、お肌を保護するためのものであります。綺麗に日焼けをするためのオイルではありません。

お姉さまのお話によれば頭髪にも塗って保護をするとよろしいとのことです。しかしながらお値段がゴージャス過ぎるので、Amazonで約半額となっていた同オイルを購入いたしました。したがって、これからは素人さんのココナツオイルの香りから玄人さんの香りに変わる予定であります。





2015年8月12日水曜日

Nigel CabournのVintage Henryシャツ

 


先日行ったアウトレットのセールでNigel Cabourn(ナイジェル ケーボン@nigelcabournjapan)のVintage Henryシャツを購入しました。Nigel Cabournのシャツ類は国内で生産しているとのことですが、お値段の割に品質や着心地が良いのが特徴です。

今回購入したシャツは去年のモデルで、すでに生産が終了しております。そうした理由もあってか、14,000円の定価が5,000円ほどで販売していたので飛びついた次第であります。普段はサイズ46を着用する私ですが、1点しか残っていなかった44は少々タイト目でありましたが特に問題はありませんでした。

このシャツの特徴はインディゴ染めとリブ付きの袖であります。特にインディゴ染めはかなり綺麗で、そういったシャツも探していたので安価に購入できたのは幸運でした。しかしながらインディゴ染めは洗濯時に注意をしないと色落ちで大惨事になりかねません。そういったわけで最初は単体の手洗いで色落ちを確認してみようかと思います。

ナイジェル・ケーボン取り扱い店舗 - ファッションプレス

【関連記事】
(な)夏にはオススメNigel CabournのBASIC Tシャツ



2015年8月9日日曜日

Coast+Weber+Ahausのカーキ ポロシャツ

 


現在Yoox(ユークス・ドットコム:@yoox)が送料無料キャンペーン中でございまして、再びCoast+Weber+Ahaus(コースト ウェバー アハウス@coastweberahaus)のポロシャツを3,100円で購入いたしました。今回はカーキ色の変わったデザインのポロシャツであります。

このポロシャツのボタンは1つで、飾りのポケットが付いております。また、かなり薄いコットン素材が使用されており、どちらかと言えば襟を付けたTシャツといった印象です。こういった素材は洗濯時に伸びる可能性があるので注意が必要かもしれません。

参考までに前回購入したピンクのポロシャツはネットに入れて洗濯したにもかかわらず全長が15cmほど伸びたので、慌てて乾燥機に入れて乾燥させてみたところ購入時の寸法に戻ってホッとしているところでございます。

【関連記事】
Coast+Weber+Ahausのピンク ポロシャツ


2015年8月7日金曜日

Coast+Weber+Ahausのピンク ポロシャツ

 


先日アウトレット モールでCoast+Weber+Ahaus(コースト ウェバー アハウス@coastweberahaus)のポロシャツを購入いたしました。同ブランドは2年ほど前に日本に再上陸いたしましたが、再び撤退する模様です。そういった関係で在庫品が安く販売されております。ちなみに、ほとんど在庫は残っていないとのことです。

このポロシャツは綺麗なピンクとボタンのアクセントが特徴となっております。同ブランドのデザインには、他では見かけないようなアクセントやアクセサリが付けられてることがあります。この場合はボタンにはめると思われるループが付けられていますが、特に用途は無いと思います。

また素材は柔らかくて着心地も良いのですが、定価で購入すると2万円を超える価格になると思います。そうした価格設定の関係もあって日本ではあまり人気が無いのですが、セールで見かけたらお買い得なブランドであります。参考までにMサイズを3,240円で購入いたしました。


2015年8月3日月曜日

BOEMOSのドライビング シューズ(ヒョウさん柄)

 


週末にアウトレット モールに出かけたところ、1点だけ残っていたBOEMOS(ボエモス)のドライビング シューズを購入してしまいました。つい先日同じモデルのドット柄を購入したばかりなのですが、ヒョウさん柄であるうえに定価19,000円が7,000円のセール価格ということもあって我慢ができませんでした。



ちなみにヒョウさん柄は素人さん向けではありません。また、インパクトが強いので面積が大きいジャケットやパンツなどは難しいと思います。どちらかと言えば手袋や靴下あるいは靴などで取り入れると丁度良い感じです。そうした場合には単色のジャケットやパンツを組み合わせるとよろしいかと思います。

【関連記事】
BOEMOSのドライビング シューズ(ドット柄)