2015年11月29日日曜日

Gabriele Pasiniのウール コートを購入しました

 
先日コートを売却処分した関係で、冬物のコートを探しておりました。当初は3万円の予算で新品を探してみたものの、グッとくるコートを見つけることができませんでした。途中でYoox(ユークス・ドットコム:@yoox)において約3万円のコート購入しましたが、色と素材が今ひとつであったので返品もいたしました。

さらに継続して3万円で探したのですが、そのような無謀な価格で探せる新品のカッコ良いコートは世界中のどこにも存在しないとの結論に達しました。という訳で断腸の思いで予算を5万円とすることとしたのですが、これもまた中途半端な予算で困難な道のりでございました。

そうこうしていたら12月が近づいてきたので今週末をタイムリミットと決め、どうしても見つからない場合は『ビームス ハウス 丸の内』においてSEALUP(シーラップ)のロングピーコート(税込み118,800円)を定価で購入することにしました。ちなみに同商品はBEAMS別注モデルである模様です。



上記は同ブランドの同じ型でThermore®の素材を使用した税込み162,000円の通常モデルであります。 そしてBEAMS別注モデルはキャメル色を含めた2色展開で、着用した印象はピーコートというよりはダブルのコートといった感じです。個人的には素材感や前を開けて着用したときのカッコ良さ、さらに程よい細いシルエットなどが非常に気に入りました。



と、前置きが長くなりましたがそういった矢先に、セール会場で偶然1点のみ残っていたGabriele Pasini(ガブリエレ パジーニ@gabrielepasini)のコートを購入しました。サイズは私の通常サイズの46であり、なおかつ今季の商品でありました。気になるお値段は定価の約3分の1の5万円半ばと、ほぼ予算どおりでした。



私はイタリアの同ブランド製Tシャツやポロシャツなどを、過去に数回購入しております。他では見かけない素材や、妥協を排したタイト目なデザインが購入の理由であります。ブランドとしては新しいのですが、ここ2年ほどは都内のセレクトショップなどで多く見かけるようになりました。参考までにデザイナーであられるGabriele Pasini氏は現在来日中とのことです。



このコートは一般的なグレンチェック柄であり、背中のシルエットも非常に綺麗であります。とは言いましても着用して街を歩くとなると相当に目立つ感じです。そういった理由もあって売れ残っていたのかもしれませんが、私としましては望むところでございます。外観の特徴としては袖ボタンが無く、ベントの切れ込み部分にボタンが配置されております。

というわけで、このコートは目立つこともあって3シーズン程度の使用を予定しております。また現時点においては私のように価格などに執着して探し回る場合は別として、40歳代が着用するカッコ良いコートは10万円以上の予算があったほうが良いとの認識であります。Sealupのロングピーコートに関しては、東京ミッドタウンおよび丸の内のMarinella(マリネッラ)においてもダブルネーム版の取り扱いがあります。




0 件のコメント:

コメントを投稿