2016年3月20日日曜日

腕時計の革ストラップをイタリア国旗風にしてみました

 
去年あたりから革製時計ストラップのイタリア国旗のデザインを探していたのですが、ほとんど見当たらないので自分で塗装することにいたしました。しかしゼロからデザインするのはセンスが必要になります。結局のところイタリア国旗の柄をワンポイントで使用するのは難しいので、表面積を大きくして誤魔化すことに決めました。



用意したのはミモザのシャーク スキンの時計ストラップ(24mm)でございます。白を選択した理由は、何らかの形で白を生かしたかったからであります。また黒などの濃い色の場合はベース コートが必要になるので、手間が増えるのを避けたというのも理由のひとつです。



東急ハンズで塗料(染めQスプレー)を3色と2本のマスキング テープ(24mmおよび12mm)を購入しました。ちなみに白の染料は念の為に購入したものであり、実際には使用しませんでした。また容量の70mlの大半を使用しました。特に赤は最初の段階ではピンクに近い色なので、塗り重ねてほぼ1本を消費いたしました。

車の塗装と同様に着色は準備段階が重要となります。他の部分に塗料が付着しないようにマスキング テープを慎重に貼りました。浸透性がある塗料との説明でしたが、特に皮革の表面をアルコールで拭くなどの処理は必要無いとのことです。また塗料を近距離から一気に吹き付けるとヒビ割れが発生する可能性が高いそうなので、30cm離して10回以上重ね塗りをいたしました。



ストラップの中央部分をストライプ風にするためにマスキング テープを貼って塗装しました。偶然にもストラップの盛り上がっている部分を生かしたところ、案外それらしい見栄えになりました。ストラップの尾錠側は塗装するとクドい印象となり、ベルト留めも外れないので非塗装にしました。



本来であれば白文字盤の時計のほうが似合うと思うのですが、今回は試験的な意味も含めて黒文字盤と合わせてみました。とりあえず塗料は定着したようですが、塗料の定着が弱い場合に発生するヒビ割れを懸念しております。これは実際に使用してみないと判明しないので、お祈りをするところであります。


0 件のコメント:

コメントを投稿