2016年3月18日金曜日

上級のテーラードジャケット&デニムのスタイル

 
海外で良く見かけるファッション スナップの被写体には玄人さんが多く見受けられます。特にフィレンツェで年に2回開催されるPitti Immagine Uomo(ピッティ イマジネ ウオモ@pittimmagine)の時期に撮影される写真のほとんどは、モデルやデザイナーやショップ経営などのファッション関係者が被写体となっております。

そういった方々は日常生活においてファッションへの関心が占める比率が高く、常に新しいものやカッコ良いものを探求し、アクセサリ類や旅行や車にも興味を持ち、また同業の方々とのお付き合いもあるようでございます。したがいまして一般の方が服装のみを同様にしたとしても、髪型やアクセサリ類などを含む細部まで気を遣うまでには至らず、結果としてその細部によって大きな違いが生まれることが多々あります。



ミラノにおいてショールームを経営されておられるRenato Plutino(レナート プルーティノ@rp_principe)氏は筋金入りの玄人さんであると思われます。このコーディネートは簡単そうに見えますが髪型や眼鏡、そしてコートや新聞(雑誌)に至るまで計算されているように見受けられます。というわけで、この写真は(玄人さんが)デニムと同系色のダブルのジャケットを上手に組み合わせた見本(かなり年季が必要)といった説明となります。


0 件のコメント:

コメントを投稿