2016年11月8日火曜日

テーラードジャケットのカジュアルっぽい着こなし

 
秋も深まってまいりますと、テーラードジャケットの着こなし方法もバリエーションが増えてまいります。一般的には長袖シャツとの組み合わせが多いと思いますが、個人的には柄物のシャツよりシンプルなホワイトやブルーの単色のほうがカッコ良く決まる印象です。


パーカーとデニムの組み合わせは米国で比較的多く見かけるスタイルであります。体にフィットしたサイズであれば、40歳代であっても上級者に見える着こなしです。この写真の場合はピンストライプのジャケットですが、チョークストライプでも十分カッコ良く見せることが可能です。


ブルーデニムとの組み合わせであれば、思い切ってホワイトやグレーのジャケットを選択するのもよろしいかと思います。特にダブルブレストのジャケットとデニムの組み合わせは、上級者以外の何者でもありません。


アイボリーやホワイトのパンツは、ジャケットの柄や種類を選ばないので便利なアイテムです。この写真のようにTシャツとスカーフを組み合わせれば、屋外から屋内までの温度変化に対応することも可能です。


0 件のコメント:

コメントを投稿