2017年11月29日水曜日

デニムのテーラード ジャケット

 

デニム地のテーラード ジャケットは、色および素材の観点から非常に合わせやすいアイテムでございます。またイタリアのオシャレな方々のスナップでは良く見かけるアイテムでもあります。参考までに上記はピッティ・イマジネ・ウオモにおけるPaky Ferraro(パキー・フェラーロ@pakyferraro)氏のスナップであります。

私も過去に何度かデニム ジャケットを購入しかけたことがございます。しかしなかなか決定的なデザインのものが無く、また良いデザインのものは価格も高いので現時点で購入には至っておりません。そしてダブルブレスト仕様となりますと、国内の既製品においてはほとんど見かけることはありません。


ちなみにPaky Ferraro氏が着用されているジャケットは、氏が経営されているショップのオリジナルと思われます。同ショップはカラブリア州のチロ・マリーナに位置しておりますが、写真で見る限りは小規模な店舗である模様です。そして上記のジャケットは400ユーロとお手頃な値段なので、何かの機会に購入してみたいと考えております。


2017年11月23日木曜日

ファーライニング付きモッズコート

 
ファー付きのモッズ コートと言えば定番化しているアイテムでもあり、特に珍しいものではございません。数多くのブランドがこのモデルを製造しており、入手も容易であります。しかし、内側のライニングにもファーを使用しているモッズコートとなりますと突然と入手が困難になります。

そしてこのタイプのモッズコートはゴージャスさと暖かさの観点から、別格のウィンター アイテムと言ってよろしいかと存じます。当然のことながら使用するファーの量が増えるため、高品質のファーを使用しているとお値段が高くなります。参考までにライニングの取り外しは可能である模様です。


上記はルカ・ルビナッチ氏が着用しているAS65(アエッセ・セッサンタチンクエ@as65official)のコートでございます。同ブランドはアレッサンドロ・スクアルツィ氏が手がけており、アメリカン ミリタリー テイストのデザインを中心とした製品を展開しています。写真のコートは3,000ユーロ(約40万円)を超える価格であります。


Yves Salomon(イブ サロモン@yves_salomon)はフランスで長年ファー製品を製造してきたブランドでございます。恐らく上記のARMYシリーズが、他のブランドに先駆けてモッズコートの内側ライニングにファーを使いはじめたモデルかと思われます。40万円前後が中心価格帯になっております。


Mr & Mrs Italy(ミスターアンドミセスイタリー@mrmrsitaly)は2007年設立のイタリアのブランドでございます。このタイプのコートを日本で販売している店舗は無いと思われます。お値段は30~100万円といった価格帯であり、上記の狐さんがライニングに使用されているモデルは約60万円となっております。


Bobbi Parka(ボビー パーカ@bobbi_parka)はイギリスでオンラインの注文生産など行っているブランドでございます。フェイクファーを使用しているモデルもあるので比較的お求めやすい価格になっております。500ポンド(75,000円)の上記のモデルのライニングは毛皮とコットンの混合素材であり、フェイクファー仕様は300ポンドとのことであります。




2017年11月17日金曜日

レガッタ ストライプ ジャケットのコーディネート

 


英国の大学ボート競技に由来するレガッタ ストライプは、英国や米国で時折見かける派手めの柄でございます。またその由来からIVYスタイルでも見ることができます。その一方で市販品を探すことは難しく、特にイタリア ブランドでは見かけることが少ない印象です。

レガッタ ストライプのジャケットは、英国のレガッタ競技の観戦者と同様にネクタイと組み合わせることが推奨されます。そして同じく白いパンツを着用すれば問題なくコーディネートが完成いたします。ただしこの場合の主役はジャケットである関係上、他のアイテムは無地が望ましいと思います。

一般的にこのコーディネートはパーティー向けであります。しかもパンツが白いので昼間のパーティーが適しています。あるいは他人とはカブりたくない華やかな集まりなどにおいて強烈な個性を発揮いたします。いずれにしても華やかなコーディネートになります。



参考までに上記はBrooks Brothersの市販品でございますが、このストライプのジャケットをお探しの場合はアメリカのブランドを中心に探すとよろしいかと存じます。


2017年11月12日日曜日

ハンニバルのマッスルアップ

 

ストリートワークアウトで有名なったHannibal(ハンニバル@hannibalforking1)氏は米国にとどまらずヨーロッパ諸国でも活動している模様です。また最近ではマッスルアップのトレーニングをはじめた方々も国内において増えてきた模様です。

上記の動画はV-DIP POWERBENCHと呼ばれる製品の紹介ビデオでございます。参考までに同製品は寝かせて通常のベンチ、そして立ててディップスなどのトレーニングとして使用できるとのことです。価格は49.99ドル(5,676円)でありますが、日本への発送を行っているかどうかは不明です。

氏のマッスルアップは静的ですが、それはグリップに依存していると言っても過言では無いと思います。バーにかぶせるように握られた氏のフォールスグリップは、最初の動作から最後までまったくズレることがありません。このグリップで小指と薬指を中心に力を入れ、肘を畳んで背中に向けて引けば同じような動きが可能かと思いますが、残念ながら私はできないので想像でしかありません。


2017年11月8日水曜日

Giannetto(ジャンネット)の長袖シャツ

 


Giannetto(ジャンネット@giannettoportofino)は1979年に創業したイタリアのシャツブランドでございます。近年になって国内で取り扱いが増え、中心価格帯は25,000円前後で各セレクトショップなどで販売されております。商品構成はカジュアル寄りのシャツが多く、襟の形状はカッタウェイを中心としている印象です。

同ブランドは少々気にはなっていましたが購入する機会に恵まれませんでした。しかし、先日セール品となっていたカジュアルシャツをようやく購入いたしました。このシャツは唯一残っていた38サイズであり、私にはジャストフィットでした。なお、袖丈はピッタリですが首周りはキツイ着用感となっております。

同ブランドのサイズ感は素材やデザインの違いなどによってワンサイズ程度のバラつきがあるとのことです。したがって試着が必須かと思われます。今回の長袖シャツはスリムフィットであり、比較的タイトな作りになっております。シルエットは他のイタリア製のシャツと同様にスッキリとしているので、シャツ単体でもカッコ良く決まるかと思います。




2017年11月4日土曜日

一家に1枚Eterno Agosto

 
Alvaro Soler - Sofia

Álvaro Soler(アルヴァロ・ソレール@alvarosolermusic)はスペインのバルセロナ出身の歌手でございます。幼少期には日本に滞在されていたとのことで、また多言語を操る歌手としても知られているようであります。参考までに2016年に発表された上記のSofia(ソフィア)は、ベルギー・イタリア・ポーランド・スイスにおいてナンバーワン ヒット、スペイン・オーストリアにおいては3位を記録しており、Youtubeにおける再生回数は4億回を超えております。

Alvaro Soler - El Mismo Sol

氏の音楽が有名になったのは上記の2015年発表のEl Mismo Solであり、この曲はイタリアをはじめとしたヨーロッパ各国でヒットした模様です。ちなみにこの曲はUnder The Same Sunという副題でジェニファー・ロペス氏とのコラボバージョンも存在しております。そして現時点で発表しているアルバムはEterno Agostoのみですが、アルバム全体の出来が大変よろしいので皆様にオススメしたいと思います。




2017年11月1日水曜日

アエロナウティカ ミリターレのフライト パンツ

 


イタリア空軍のオフィシャル ブランドであるAeronautica Militare(アエロナウティカ ミリターレ)のフライト パンツのポケットは独特でございます。外見は一般的なカーゴ パンツなのですが、腿のポケットが前面に取り付けられています。そしてポケットの上下が逆に取り付けられているので、一般的な用途には向きません。

私も最初に見たときには不良品かと思ったのですが、調べてみるとパイロットが飛行中に使用することを前提としているようでした。しかし実際の戦闘機パイロットはGスーツなどを着用しているので、そういったコンセプトでデザインされたパンツかと思われます。

このポケットは狭い場所の着座姿勢でポケットの中の物を取り出すことを前提としているので、立った姿勢でポケットのフタを開けると中身が下に落ちます。しかも物を取り出す際にも指をポケットの中に入れることが困難であります。したがって飾りといった位置付けのほうが正しいかと思います。

このようにポケットを配置したパンツは現時点において同ブランドのみと思われます。ポケットの用途は限られますが自転車に乗る方、あるいは狭い車内のビンテージ カーに乗る方などには適しているかもしれません。

【関連記事】
Aeronautica Militareが復活した模様です