ラベル アウターウェア の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル アウターウェア の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2017年11月23日木曜日

ファーライニング付きモッズコート

 
ファー付きのモッズ コートと言えば定番化しているアイテムでもあり、特に珍しいものではございません。数多くのブランドがこのモデルを製造しており、入手も容易であります。しかし、内側のライニングにもファーを使用しているモッズコートとなりますと突然と入手が困難になります。

そしてこのタイプのモッズコートはゴージャスさと暖かさの観点から、別格のウィンター アイテムと言ってよろしいかと存じます。当然のことながら使用するファーの量が増えるため、高品質のファーを使用しているとお値段が高くなります。参考までにライニングの取り外しは可能である模様です。


上記はルカ・ルビナッチ氏が着用しているAS65(アエッセ・セッサンタチンクエ@as65official)のコートでございます。同ブランドはアレッサンドロ・スクアルツィ氏が手がけており、アメリカン ミリタリー テイストのデザインを中心とした製品を展開しています。写真のコートは3,000ユーロ(約40万円)を超える価格であります。


Yves Salomon(イブ サロモン@yves_salomon)はフランスで長年ファー製品を製造してきたブランドでございます。恐らく上記のARMYシリーズが、他のブランドに先駆けてモッズコートの内側ライニングにファーを使いはじめたモデルかと思われます。40万円前後が中心価格帯になっております。


Mr & Mrs Italy(ミスターアンドミセスイタリー@mrmrsitaly)は2007年設立のイタリアのブランドでございます。このタイプのコートを日本で販売している店舗は無いと思われます。お値段は30~100万円といった価格帯であり、上記の狐さんがライニングに使用されているモデルは約60万円となっております。


Bobbi Parka(ボビー パーカ@bobbi_parka)はイギリスでオンラインの注文生産など行っているブランドでございます。フェイクファーを使用しているモデルもあるので比較的お求めやすい価格になっております。500ポンド(75,000円)の上記のモデルのライニングは毛皮とコットンの混合素材であり、フェイクファー仕様は300ポンドとのことであります。




2017年9月24日日曜日

SettefiliCashmere(セッテフィーリ カシミア)のカーディガン

 


SettefiliCashmere(セッテフィーリ カシミア@settefilicashmere)は2009年にイタリアのフェラーラで設立されたニット ブランドでございます。国内では伊勢丹新宿店をはじめとした各セレクトショップにおいて展開しており、また男性ファッション誌などでも紹介されております。

ちなみにニット類はどちらかと言えば上級者向けのアイテムでございます。ニット カーディガンであればブルゾンで代用できますし、ニット ベストであればジレで代用が可能です。アウター ウェアの場合は素材が固めのほうがスタイリングが容易であり、柔らかくなるほど体型が直接反映されるので難しくなります。

このカーディガンはアルパカをはじめとした混合素材を使用しており、素肌に直接触れてもチクチク感がありません。またサイズ感は着丈が若干短くタイト目であったため、普段46の私は48を選択いたしました。参考までに定価は税込み43,200円ですが、幸運にもセール会場において半額以下で購入できました。


2017年2月10日金曜日

エリオポールのタートルネック

 


冬物セールも一段落している今日この頃でございますが、良い感じのタートルネックをheliopole(エリオポール@heliopole_official)で購入いたしました。ちなみに同ショップのオリジナル商品で、50%オフの約8,000円の価格でした。今期は比較的良質のタートルネックに出会うことが多かった関係で、これで5枚目の購入となってしまいました。

このタートルネックはリブ編みなので体にジャストフィットするようにワンサイズ下げました。ちなみにオレンジ色は一年ほど前から挑戦している色で、コーディネートも慣れてまいりました。初心者の方にはあまりオススメできませんが、中上級者の方であれば赤や茶色の代わりに取り入れてのよろしいかと存じます。


2017年1月21日土曜日

少々気になるUmit BenanのScott Jacket

 


UMIT BENAN(ウミットベナン@umitbenan)は2009年にスタートしたブランドであります。モード寄りのデザインの同ブランドは、日本にインスパイアされたモデルも多数展開しております。そして上記のレザー ジャケットが気になったので試着をさせていただきました。

Scottジャケットと呼ばれるこのモデルは肉厚な羊革を使用しております。内張りはキャンバス地で袖と裾部分はニットのリブ編みで、かなり凝った作りになっております。また茶・黒・青の3色展開であります。

このジャケットはフライトジャケットのデザインに近いのですが、フードが付いております(取り外し不可)。そして40歳代の方々にもカッコ良く着こなせる印象でした。ちなみに前面のサイド ポケットにジッパーが付いておりますが、サイド ポケットをハンドウォーマーとして使用する場合は邪魔かもしれません。

参考までにこのジャケットは今期モデルであるため、在庫が無くなれば終了になると思われます。現時点では定価の半額セールの148,500円(税込)で販売されております。サイズ感は好みですが、ゆったりと着用されたい方は普段と同じサイズで大丈夫かと思います。

ウミット ベナン(Umit Benan)の店舗(ショップ)案内 販売店の営業案内 | ファッションブランドチャンネル(Fashion Brand Channel)


2017年1月5日木曜日

McRitchieのタートルネック

 


グレーのタートルネックを探していたのですが、年末になってYoox(ユークス・ドットコム:@yoox)でセールとなっていたMcRitchie(マクリッチー@mcritchie1958)のタートルネックを購入いたしました。そして今シーズンのタートルネックはこれで4枚目となり、すべてYooxで購入したことになります。

同ブランドはセーターやニットなどを中心とした英国のブランドですが、近年イタリア人の手によって復活したとのことです。使用しているウールはシェット ランドウールと呼ばれ、暖かくて肌触りも良い印象です。そしてデザインはイタリア寄りで細身の感じです。

また日本国内においては一時期、伊勢丹を始めとした多くのショップで取り扱いがありました。参考までにこのタートルネックの国内定価は税抜き16,200円で、今回は送料無料とクーポンを併用して7,140円で購入いたしました。