ラベル バッグ の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル バッグ の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2017年1月2日月曜日

クラッチ バッグのコーディネート

 


クラッチバッグのコーディネートと申しましても、バッグを中心にコーディネートを組み立てることは稀でございます。大抵の場合、バッグは最後のオマケ的なアイテムとなります。そういった理由もあり、バッグを購入する際には服装に合わせやすい色をオススメいたします。



大きさはひと昔前の集金バッグのような小型では無く、A4サイズ以上がよろしいかと存じます。ちなみに取っ手が無いクラッチ バッグは中身が無いと持ちづらく、どうせ外からは見えないので小さい折り畳み傘などの筒状の物を入れると持ちやすい感じです。




2016年12月25日日曜日

クラッチバッグにストラップを取り付けました

 
世の中の多くのクラッチバッグには取っ手が付いておりません。したがって脇に抱えるまたは指先で保持する必要があります。一般的なビジネスバッグなどの場合、取っ手は指で握らずに引っ掛けるような使用方法です。しかしクラッチバッグは指先に力を入れて保持するので前腕などが疲労いたします。



さらにスマホなどを使用する場合、片手を完全に占領しているバッグが邪魔になってまいります。個人的にはカッコ良いクラッチバッグであっても、そういった理由もあってすぐに飽きると思うのであります。そしてその不自由さを解決するために、先日購入したENensorcivet(イーエヌ・アンソール)のバッグにストラップを取り付けてみました。



上記のストラップおよび工具は東急ハンズで一式揃えました(約3,000円)。バッグ本体のファスナーの端部は本体側とボタンで留める構造となっており、そのサイズに対応するボタンをストラップに打ち込んでスナップ留めにしました。したがってストラップは取り外し可能であります。

簡単な作業で改造したところ、ストラップに手首を通してバッグを保持できるようになり、指にかかる重量が分散されるようになりました。また不慮の落下にも対応可能であります。外見も純正品のようで気に入っております。ちなみに皮革性のストラップは本来はトートバッグなどのハンドル用です。

【関連記事】
ENensorcivetのメール バッグ(クラッチバッグ)


2016年12月11日日曜日

ENensorcivetのメール バッグ(クラッチバッグ)

 


ENensorcivet(イーエヌ・アンソール)は2010より展開を始めた日本のレディース ブランドであります。したがってイタリア ファッションどっぷりのメンズの皆様には無縁と言えるブランドかと存じます。と言っている私も今回初めて拝見しました。

名称はメール バッグとなっていますが、実際にはクラッチ バッグの用途かと思われます。また、どちらかと言えば男女兼用であることも購入の理由であります。しかし現時点において生産が終了しております。参考までに当時は黒とベージュの2色展開で定価が税込み約3万円でした。そして今回はセール価格の5,400円で購入しました。



ちなみにこのバッグは英国のロイヤル メール(Royal Mail Bag)の手紙仕分け用バッグを元にデザインされたとのことです。上記のように英国で使用されている実際のバッグはナイロン製で、サイズも大きめである模様です。色は緑と赤の2色で、旅行時の衣類の仕分け用バッグとしても使用できるかもしれません。



このバッグは表面に印刷された英語の文言まで忠実に再現しております。内部に設けられた小さいポケットは、日本においてはSuicaなどの乗車カードを入れると便利とのことです。バッグの外見や作りは良い感じで、中身も見えるのでなかなかオシャレであります。



私はバッグをファッション用途で使用することはほとんどありません。今回はイタリア語教室に通う時や、薄い書類などを持ち歩く用途として購入しました。この皮革はヌメ革に見えるので、使用する前に日光浴をさせて色の変化を試してみようかと思います。


2016年6月30日木曜日

ビンテージ ブリーフケースを個人輸入しました

 


先日、3年ほど使用していたブリーフケースが壊れまして新しいものを購入することにいたしました。壊れたカバンの主な用途はイタリア語のテキスト類の持ち運びであったため、安価な皮革製ものを探しました。当初は国内で新品を探したのですが、価格と材質の面で折り合いませんでした。

それならばとイタリアのebayでビンテージ物を探すことを思い立ちました。当然カバンに多少の傷があるのは覚悟のうえで探してみたところ、比較的多くのブリーフケースが出品されておりました。そして数ある中から上記のブリーフケースを購入しました。

このブリーフケースは25年前のルーマニア製であるとのことです。これは恐らくデッドストック商品であり、細かい傷も見受けられますが気になるほどではありません。大きさは40cmx28cmx6cmとの説明でした。参考までに皮革の表面には革靴と同様の変態磨きを私が施しました。

付属品はショルダーストラップとネームタグおよび鍵でしたが、いずれの付属品も使用する予定はございません。また長期間平置きされていたと思われ、本体が潰れていたので雑誌を3冊入れて重さでカバンを広げることにいたしました。

そしてブリーフケース本体の値段は約30ユーロ(約3,400円)、それに送料の約26ユーロ(約3,000円)を加えて6,500円ほどで購入しました。ちなみに国際郵便で約10日間を要し、追加の関税は発生しませんでした。皮革の材質やデザインなどを考慮するとお買い得な印象であります。


2016年5月21日土曜日

Leather Crafts Clutch by CHALIE VICE

 


ちょっとしたプレゼント用のお品を探していたところ、伊勢丹新宿店メンズ館8階においてLeather Crafts Clutchが目に留まりました。私も時折パーティーなどにお邪魔させていただいている同店舗のCHALIE VICEでは、このようなオシャレな小物類なども取り扱っております。



このクラッチバッグは大中小のサイズ展開があり、今回は小サイズを購入いたしました。この大きさはちょっとした財布の代わりや小物類を入れる場合に適していると思われます。参考までに価格は税込み10,800円でございました。皮革は上品で滑りにくく、現金であれば200枚程度までがオシャレに持ち歩ける印象です。



プレゼント用ということでこのような箱に入れていただきました。ちなみにそれほど重いものを入れなければ、ジッパー部分のストラップで持ち運んでも壊れることは少ないかと思います。