ラベル 映画&ドラマ の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 映画&ドラマ の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2017年7月20日木曜日

Furyのブラッド・ピット氏の髪型説明図

 
Fury(フューリー)はブラッド・ピット氏が主演で2014年に公開された映画でございます。私は3回くらい見ました。映画では氏の髪型がカッコ良く、最近では海外でこの髪型が人気とのことです。参考までに下記のようにサイドの刈り上げなどを細かく指定する場合、指定通りに髪を切れる美容師さんのほうが望ましいと思います。



またこの髪型にする場合、ご自分で髪型をセットできることが前提でございます。参考までにこれを試した私の場合、完成後は10日もすると髪が伸びて髪型の維持が難しくなり、1ヶ月後にはFuryでも何でもない髪型になりました。この髪型は40歳以上の男性でもある程度カッコ良く見えるので、一度は試してもみてもよろしいかと存じます。


2016年9月10日土曜日

The Night Manager(ナイト・マネージャー)を鑑賞しました

 
近年は英国のアクションものを好んで鑑賞している私でございます。理由のひとつとして、撮影のロケーションとしてヨーロッパが多くなるので景色が綺麗なことがあります。そしてスーツをはじめとした俳優さんたちの衣装もヨーロッパ スタイルなのもお気に入りです。

The Night Manager(ナイト マネージャー)は2016年に英国BBCが放映した現代サスペンス ドラマであります。個人的にはヒュー・ローリーが演じる悪役が気になったので鑑賞した次第です。同ドラマは脚本や俳優陣が良かったことはもちろん、撮影ロケーションが綺麗であることも好印象でした。

しかし国内においてはAmazonプライムのみの配信であり、どうしても日本語字幕で見たかったのでプライム会員に登録いたしました。ちなみにPS3やPS4のアプリや、アプリに対応しているテレビであればテレビで鑑賞することも可能です。




2015年12月1日火曜日

007 スペクターで使用されていたサングラス&リング

 
先週末に007 スペクターを12月4日の劇場公開にさきがけて鑑賞してまいりました。今作も衣装関係はTOMFORD(トムフォード@tomford)が担当しており、ラペル(襟)が細いスーツが多い印象でありました。そして個人的には衣装よりアイウェアに注目しておりました。



TOMFORDのサングラスの外観は『T』の文字を90度傾けたヒンジ部分の金属部品に特徴があります。このサングラスはローマのシーンなどで使用されておりました。まったく同じモデルは405ドル(約5万円)とのことです。



参考までに映画で使用されていた『Spectre Octopus Ring』のレプリカを145ポンド(約27,000円)で購入することができます。材質は925シルバーで、サイズは20(mm)のみとのことであります。

なお、007 スペクターで使用されているその他の衣装などについては下記のページをご参照ください(英語:ネタバレ注意)
Ultimate Guide to SPECTRE (Bond 24) Products and Locations

【関連記事】
40歳代のメンズ サングラスと眼鏡のブランド


2015年10月19日月曜日

BelstaffのMilfordコート

 
どうやら2016年にSherlock(シャーロック)のシーズン4がBBCで放映されるようですが、同テレビシリーズで使用されていたMildfordコートの新作がBelstaff(ベルスタッフ@belstaff)のオンラインショップに登場いたしました。



このコートは見かけと違ってダブルのコートであります。また前作と違って灰色となっております。長身の方が着用すれば超絶にカッコ良いと思うのですが、日本国内には無いので試着もできません。

お値段も$2,295(約27万4千円+送料等)とのことなので、簡単に勝負ができずにすでに諦めモードです。このコートは同ブランドの定番アイテムとならなければ数シーズンで姿を消す可能性があるので、そのあとに時間をかけて探そうかと思います。

注:新宿伊勢丹メンズ館6Fおよび名古屋松坂屋にて一部モデルの取り扱いがあります(2016年8月)

【関連記事】
Sherlockのコートが復活した模様です




2015年8月28日金曜日

Sherlockのコートが復活した模様です

 


Benedict Cumberbatch(ベネディクト カンバーバッチ)氏が主演していたBBC製作テレビドラマのSherlock(シャーロック)おいて、使用されていたコートが今年の秋冬シーズンに復活するとのことです。

このコートはBelstaff(ベルスタッフ@belstaff)のMilfordと呼ばれるモデルで、2010年の第1シーズンの放映当初から一部で注目されておりました。放映時点で廃盤になっていましたが、人気があったので後年レプリカも見かけるようになりました。



今回復刻されたMilfordコートのデザインはオリジナルと同様ですが、素材などが異なるようです。特に襟のフラワーホールは赤い糸で縫われていたものが通常の糸になっております。現時点においてオンラインショップに掲載されておりませんが、価格は恐らく20万円を超えるものと思われます。

また同ブランドの今シーズンのラインナップには少々変わったテイストのウェアも含まれているようでして、個人的には以下の革ベストが気になっております。このベストがニットと一体になっているのかは不明ですが、いずれにしろMilfordコートと同様に国内で販売されることは無いと思います。



【追記:2017年8月】
Milford Coat(ミルフォード コート)は国内において税別20万円を下回る価格で、2017年秋モデルより新宿伊勢丹およびGINZA6で販売が始まります。外観および素材はシャーロックで使用されていたモデルとは異なります。しかし背中の形状は以前のモデルを継承している印象です。詳細はNEW MILFORD COATをご参照ください。

【関連記事】
BelstaffのMilfordコート