ラベル 音楽 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 音楽 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2017年11月4日土曜日

一家に1枚Eterno Agosto

 
Alvaro Soler - Sofia

Álvaro Soler(アルヴァロ・ソレール@alvarosolermusic)はスペインのバルセロナ出身の歌手でございます。幼少期には日本に滞在されていたとのことで、また多言語を操る歌手としても知られているようであります。参考までに2016年に発表された上記のSofia(ソフィア)は、ベルギー・イタリア・ポーランド・スイスにおいてナンバーワン ヒット、スペイン・オーストリアにおいては3位を記録しており、Youtubeにおける再生回数は4億回を超えております。

Alvaro Soler - El Mismo Sol

氏の音楽が有名になったのは上記の2015年発表のEl Mismo Solであり、この曲はイタリアをはじめとしたヨーロッパ各国でヒットした模様です。ちなみにこの曲はUnder The Same Sunという副題でジェニファー・ロペス氏とのコラボバージョンも存在しております。そして現時点で発表しているアルバムはEterno Agostoのみですが、アルバム全体の出来が大変よろしいので皆様にオススメしたいと思います。




2017年10月1日日曜日

イタリアでNo1ヒットを記録したRiccione

 
Thegiornalisti - Riccione

Thegiornalisti(ザジョルナリスティ@thegiornalisti)は2009年にデビューしたイタリア・ローマのポップバンドでございます。活動内容は日本に伝わってこないので、現地における人気度などは不明であります。同バンドは現在までに4枚のスタジオ アルバムを発表しておりますが、今年の6月に発表したシングル版のRiccione(リッチョーネ)がイタリア国内でNo1ヒットになりました。

リッチョーネはイタリア・サンマリノ近くのアドリア海に面するリゾート地である模様です。無論私は聞くのは初めての場所なので知識はまったくありません。しかしPVはリッチョーネで撮影されたものらしく、リゾートっぽい雰囲気を見ることができます。またライフガードのオレンジ色がイタリアっぽいので気に入っております。




2017年9月16日土曜日

夏の終わりのGraffiti On The Train

 
Stereophonics - Graffiti On The Train

Stereophonics(ステレオフォニックス@stereophonicsofficial)は来日公演もされている英国の人気ロックバンドでございます。私が初めて同バンドの曲を聴いたのは映画「Crash」(2004)のMay be tomorrowであったと記憶しております。その後も次々とアルバムを発表しておられましたが、中でも私のお気に入りはGraffiti On The Train(2013)であります。

Graffiti On The Trainはアルバムのタイトルとなっている曲で、どこか寂しくもあり感情が盛り上がりきれないといった印象です。そのような理由から夏の終わりに合いそうな気がいたします。





2017年8月4日金曜日

先月イタリアでヒットしたL'esercito del selfie

 
Takagi & Ketra - L'esercito del selfie ft. Lorenzo Fragola, Arisa

イタリアのポップ音楽は日本ではあまり流れませんが、先日youtubeでちょっと気になるPVを見つけたのでご紹介いたします。L'esercito del selfie(英訳:selfy army)は2017年7月にイタリア国内でヒットした曲であるようです。残念ながら男性歌手の経歴などは存じ上げませんが、女性歌手は私がファンであるArisa(アリサ@arisamusic)氏でございます。

1950年代アメリカ調と思われるこのPVは、6月の公開から現在までに約2千万回再生されております。恐らく現在、イタリアのカフェなどの店先ではこの曲が流れていることでございましょう。また振り付けも印象的であったので、振り付けバージョンも下記に追加させていただきました。




2017年7月1日土曜日

今さらながらのCon Te Partirò

 
Andrea Bocelli - Con Te Partirò (2016 Orchestra and Choir Version)

Con Te Partirò((コン・テ・パルティロ)は、イタリアの盲目のテノール歌手であるアンドレア ボチェッリ氏のために書かれた曲でございます。この曲は後にサラ ブライトマン氏によって「Time to Say Goodbye」として世界的に大ヒットを記録いたしました。この曲は日本国内においては織田裕二氏主演の「外交官 黒田康作」あるいはゲーム センターにおけるメダル競馬ゲームで使用され、さらに九段下から武道館を過ぎて靖国神社に至る途中のイタリア料理店の店先からも流れております。

日本ではサラ ブライトマン氏の歌声のほうが有名でありますが、オリジナルのアンドレア ボチェッリのテノールの歌声も良い感じであります。特にイタリア語に関してはアンドレア ボチェッリ氏のほうがネイティブであり、曲の印象がサラ ブライトマン氏とは異なります。参考までにアンドレア ボチェッリ氏が着用されているサングラスはレイバンでございます。