ラベル IT・ハードウェア の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル IT・ハードウェア の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2017年8月5日土曜日

Bloggerでインフィード広告を記事の間に挿入する

 


最近使用できるようになったGoogle Adsenseの新しい広告ですが、何とかトップ ページの記事の間に挿入するべく情報を探してみました。PC版については以前から記事と記事の間に表示ができたので、モバイル版で試すことにしました。そして参考させていただいたのは下記のページです(英語)
How To Add Adsense In-feed Ad To Blogger Old Themes On Mobile
1) まず任意のタイプのインフィード広告のコードを取得します(必要に応じてコードを特殊文字に変換)。

2) 次に以下のコードをあらかじめ作成します。
<b:if cond='data:post.includeAd'>
<div class='inline-ad'>
<div style='text-align:center; margin:15px 0px;'>
ここにインフィード広告のコードを挿入
</div>
</div>
<data:adStart/>
</b:if>

3) そしてHTMLの中から以下の記述を探します。
<div class='mobile-index-comment'>

4) このブログは以下のような記述となっていましたが、3個連続している</div>の2番目と3番目の間に、2)で作成したコードを挿入してHTMLを保存します。
<div class='mobile-index-comment'>
<b:include cond='data:blog.pageType != "static_page" and data:post.allowComments and data:post.numComments != 0' data='post' name='comment_count_picker'/>
</div>
</div>
2)をここに挿入
</div>
</b:includable>

5) 最後に『ブログの投稿の設定』を開きます。少なくとも現時点においてモバイル版の広告の設定はPC版と関連しているようです。モバイル版のインフィード広告は、PC版の広告と合わせて4個を超えると空白になって広告が表示されません(4個以上の広告が許可されている場合を除く)。したがって以下の設定画面で表示される投稿の間隔を指定する必要があります。



モバイル版のトップ ページに1個の広告を表示させたい場合は投稿間隔を5または10にします(実際には2番目以降の広告がトップ ページに表示されていない)。そして場合によってはPC版で表示させている3個の広告を2個以下に減らす必要があります。またラベル表示などで6個以上の記事を同時に表示させると、モバイル版でも複数の広告が表示されるようです。

ちなみにPC版の場合は<data:adcode/>の記述をインフィード広告のコードと入れ替えることによって記事の間に挿入できるようです(未確認)。またHTMLを編集して保存をすると『投稿の間に広告を表示する』のチェックが外れることがあるので注意が必要です。


2017年7月6日木曜日

インスタグラムでボットのお掃除が行われた模様です

 


インスタグラムに限らずFacebookやYoutubeにはフォロワーや「いいね」を増やすためのアカウントが存在いたします。それらはボット(ロボット)と呼ばれ、人間が操作しているわけではありません。そしてユーザーがお金を出してフォロワーや「いいね」を購入すると、それらのアカウトが自動的にフォローをしたり「いいね」を付けるわけでございます。

ソーシャル メディアにどっぷりと浸かっている虚栄心旺盛な方々にとって、フォロワーや「いいね」の数字は死活問題であります。そしてそういった方々はそれらの数字の購入に走ったりいたします。相場としては海外で100フォロワーあたり100円程度なので、1万円も出せば1万フォロワーを獲得できる模様です。

以前は購入した本人もそういったグループに参加する必要があったので、フォロー数とフォロワー数が同じような数字になっていたのですが現在では本人は何もする必要は無いのでフォロワー数または「いいね」の数のみが増加します。ちなみに日本の方のアカウントの場合、日本人が活動していない時間帯に突然と「いいね」の数が増加したり、日本語なのに日本人以外のフォロワーの数が大量に存在したりするとそういった疑いがございます。

参考までに現時点においてコメントは購入することができないので、「いいね」が2,000も付いているのにコメントの数が10未満であるようなアカウントは「いいね」を購入した可能性が高いと思われます。また同じ日付で連続投稿した写真に同数の「いいね」が付いている場合なども怪しいかと思います。

さてそうやって購入された皆様におかれましては悪いニュースがございます。どうやら先月の中頃からインスタグラム大本営によるボット アカウントの凍結もしくは削除が始まったとの報告を海外で見かけるようになりました。また通常のアカウントにも影響があった模様で、「いいね」の数やフォロワーの数が減少したとの報告も見かけました。

私がフォローしているアカウントでも突然と「いいね」の数が10分の1になった方もお見かけしました。中にはフォロワー数が10万から数千に落ちているアカウントもあるようです。インスタグラムの最初の大規模なお掃除は2014年に行われましたが、今回も比較的大きいお掃除であるとのことです。参考までにフォロワーや「いいね」を購入するのはインスタグラムの規約違反に問われる可能性があり、アカウント削除の危険性があるので海外では推奨されておりません。


2017年5月5日金曜日

Bloggerで『人気の投稿』をモバイル版の本文の上に表示させる

 


Bloggerにおいて人気の投稿(Popular Posts)のガジェットは、ブログの滞在時間を伸ばす可能性があると思われます。私はすでにPC版において使用しておりますが、今回はモバイル版を新たに追加してみました。ちなみに通常の手順でガジェットのコードに単にmobile='yes'を追加すると、本文の一番下に追加されてしまいます。



まず最初にメニューのレイアウトの画面で「ガジェットを追加」で「人気の投稿」を任意の場所に追加します。そしてそれを上記のように「Main」の「ブログの投稿」の上にドラッグ・アンド・ドロップで挿入します。試行錯誤してわかったのですが、どうやら「Main」の領域には「ガジェットの追加」が表示されていないだけで、ガジェットを追加することは可能なようです。したがって他のガジェットも同様の方法で「ブログの投稿」の上下に挿入可能です。

追加するとPCの画面では本文の上に表示されます(私の場合はすでに「人気の投稿」は使用しているので、2つ目となるこのカジェットは、あとでモバイル専用表示にします)。この時点におけるPC表示は問題は無いのですが、モバイル画面で見ると表示がズレていたのでCSSで調整しました。

まずHTMLの編集で、ガジェットがひとつの場合はid='PopularPosts1'の存在を確認します(私の場合は2つ目なのでid='PopularPosts2'が対象となります)。そして『テーマ』→『カスタマイズ』→『上級者向け』→『CSSを追加』で、以下のコードを書き加えます。

#PopularPosts1{margin-left:10px; margin-right:10px; margin-bottom:20px;}

数字は任意なので、好みに合わせて調整してください。参考までに行間が広いので調整しようと試みたのですが、line-heightの属性は無視されるようです。そして表示の確認作業のすべてが終わったら、HTMLの編集でid='PopularPosts1'の中にmobile='only'を書き加えてPC画面に表示されないようにします。


2017年1月13日金曜日

ピッティ ウオモでフォローすべき写真家

  場所: Fortezza da Basso


pitti immagine uomo(ピッティ イマジネ ウオモ)はフィレンツェにおいて冬と夏の年2回開催される紳士服の見本市でございます。今年は1月10~13日の日程で行われており、イタリアの様々なブランドが出典しております。日本からも数多くのファッション関係者が訪れていますが、どちらかと言うと近年は入り口近辺に集合している方々のファッション スナップのほうが有名であります。

そしてそれらのスナップ写真は近日中に日本の雑誌などで紹介されますが、現地の写真をいち早くご覧になられたい場合はインスタグラムでFabrizio Di Paolo(ファブリツィオ ディ パオロ@fabriziodipaoloph)氏をフォローすることをオススメいたします。なぜならば、氏の写真にはピッティで見かける有名人が概ね網羅されているからであります。

ちなみにそれらのスナップにおけるファッションは一種のコスプレの様相を呈しており、スプレッツァトゥーラのファッションのほうが現実的であると考えるのは現地に行ったことが無い私のひがみでございます。

【関連記事】
スプレッツァトゥーラは新しいファッション用語となり得るか?


2016年9月14日水曜日

Bloggerでラベル表示数を指定してもスマホでは反映されない

 


Bloggerの標準ラベル機能では、ラベル名をクリックしたときの表示件数を指定することができません。しかし以下のようにテンプレートを編集することにより、表示件数を指定することが可能となります。
ところがそれをスマホ(モバイル)で表示させると強制的にPC画面に切り替わり、PC画面におけるラベルの投稿一覧が20件ごとに表示されます。そして現時点においてこれを修正する方法は無い模様です。

とりあえず以下にPC版とモバイル版に関しての変更方法を記載します。ちなみにモバイル版の方は記述に変更を加えてもPC版が表示されるだけなので、あまり意味が無いと思います。モバイル版のラベルは、投稿のタイトルと本文の一部が表示されるのみで軽いので私は変更しませんでした。

まずテンプレートのHTMLの編集から以下の記述を探します:
a expr:href='data:label.url'
そして記述を書き加えて表示させたい件数を指定します(数字は任意):
a expr:href='data:label.url + "?max-results=5"'
最後に『テンプレートを保存』を押せば記述の一部がHTML特殊文字に変換されて保存されます。

このとき、ラベルのガジェットを追加していない場合は同じ記述が2箇所存在します(投稿に表示されているラベル用)。最初の記述がモバイル版で、2番目の記述がPC版となります。そして表示件数を変更したい方の記述を変更します。ラベルのガジェットを追加している場合はさらに記述が2箇所増えますが、同様に変更してください。

参考までに下記はモバイル版で表示件数を指定したときのURLです。?m=1の部分が無視され、PC版でラベルの投稿が表示されます。
***.blogspot.jp/search/label/ラベル名?m=1?max-results=5
試しに?m=1の部分を以下のように最後に移動させても結果は変わりませんでした。
***.blogspot.jp/search/label/ラベル名?max-results=5?m=1