2013年3月29日金曜日

Filson Italyのハンティング ジャケット

 
前回の続きのハンティング ジャケットですが、当時は街でもフィールドでも実際に使える物を探していました。一般的に街でも使用出来るハンティング ジャケットはスモール ゲーム ハンティング(Small Game Hunting)と言われる鳥や小動物を対象とした猟で使用するものです。Big Game Huntingになりますとカッコ良さなど微塵も必要としないどころか下手をするとハンターの生死にかかわってしまうので、優雅もへったくれもありません。

ハンティングのみが目的であればジャケットは山ほどあるのですが、ある程度のカッコ良さと両立させるとなると難しくなります。無骨な街着のハンティング ジャケットであればRalph Laurenあたりで見つけることができます。その中でもRRL(Double RL)のハンティング ジャケットは見たことがあるのですが、実用するには重すぎて難がありました。

そういったわけで当時のもうひとつの候補となったのがFilson Italyのジャケットでした。Filsonはアメリカのブランドですが、Filson Italyはイタリアでデザインをやり直してカッコ良さを加えてあります。しかもどういったわけかアメリカ本国ではあまり入手できず、日本が主な市場のようです。当時見つけたジャケットは廃番になっており、現行モデルですと以下になります(追記 - 2014年にFilson Italyブランドは廃止され、Nigel CabournとのコラボであるC.C. Filsonが同様のテイストを継承するラインとなっています。2015年にC.C. Filsonは終了しました)



アメリカ留学時代に鉄砲屋のオヤジと仲良くなって話を聞いていたりしたので多少なりとも猟の知識はあるのですが、このジャケットは実際に使えると思います。まず右肩のガンパッチは銃床を当てたときに滑らない素材が使用されています。マフラーは邪魔で使えないので襟元に付いているチン フラップは防寒に役立ちます。胸元は見えませんがゲームポケットが内蔵されており、これで獲物を持ち歩いての移動が楽になります。

そして案外便利なのが少し高い位置にあるハンドウォーマーポケットです。猟は待ち時間が長いので冬場は手が冷えます。かと言って手袋をすると弾薬の装填などが煩わしい場合があるので素手のハンターには役立ちます。そしてツィード生地でしたら多少の水濡れでも大丈夫です。ただ¥81900とアメリカ製のFilsonと比較するとお値段が倍近くお高くなっております。