2014年8月31日日曜日

トラステーベレからピアッツァ・マッジーニ庭園付近

  場所: イタリア 〒00153 ローマ トラステベレ
トラステーベレにあるお目当てのお店は閉まっていたので、少し離れた場所にある他のお店を見ることにいたしました。地図で確認したところ直線距離で3km弱でありました。それならブラブラ歩いて行こうとベリッシモ氏と私は歩き出しました。この辺りは氏もあまり訪れたことは無いとのことで、スマホのGPSを頼りに真夏の昼間に出発したわけです。



トラステーベレの街並みは緑が多くて歴史地区とは違う雰囲気です。



恐らくこの方が近道であろうと思われた道の途中には、真夏の昼間には勘弁していただきたい上り階段がそびえ立っておりました。



階段の下では飼いならされたと思われる野良猫が寄ってきました。



住宅地域に迷い込みました。車もほとんど通らず、人影はまったくありません。



何だか上り道が続いて嫌な予感がしておりましたが、途中で丘を登っているのではないかという疑惑が持ち上がりました(ジャニコロの丘)。そういえばGPSの地図では高低差が良くわからないのでありました。それを裏付けるように気のせいか景色が良くなってきました。



突然と泉に出くわしました。写真を撮っている観光客もいます。どうやら有名スポットのようなので氏に何かと訊ねたところ、来たことがないのでワカラナイネとのご返答でありました(パオラの泉)。2人ともこの時点で疲れていたのでタクシーを捕まえようとしましたが、通るタクシーはすべて乗客中でありました。



仕方がないので涼しそうな近くの公園に入ると広場みたいな場所に出ました(ガリバルディ広場)。広場の端からはローマ市内が一望できました。ちなみに氏はテレビの撮影でこの場所を訪れたことがあるとのことでした。また氏によると夜景スポットらしいのですが、昼間に写真を撮るには樹木が邪魔であります。



さらに丘を下るとようやく平地に出ました。氏によればここまで来ればもう大丈夫とのことでしたが、ようやく行程の半分ほどです。奥に見えるのがハドリアヌス霊廟で、左手の方はバチカン市国です。ここから先は市街地なので、多少道がズレたとしても目的地には到着できます。



やっと探し当てたお店はセール中でありました。開いていればの話ですが。この地域に入り込んだ時点でほとんどのお店が閉まっていたので、ある程度の予想はしていたのですが、やはりこのお店も絶賛夏季閉店中でございました。

最終的に約5kmの行程を2時間ほどかけて歩きましたが、真夏の徒歩は厳しいものがありました。結局歩き疲れたので帰ろうとしたとき、氏は禁断のつぶやきを口にされました-最初にお店に電話して確認すれば良かったネ-。