2014年10月26日日曜日

(げ)元気が出てきたFILSONブランド

 
FILSON(フィルソン)はアメリカを代表するアウトドア ブランドでございます。主にキャンプや釣りや狩猟などのウェアやアクセサリ類を製造販売しております。なかでもTin Clothと呼ばれるゴワゴワした生地を使用したウェアは、経年変化で独特の風味となるので有名です。

またFILSONを代表するウェアと言えばMackinaw Cruiser(マッキーノ クルーザー)ジャケットがあります。これは一度目にすれば忘れない外観で、細身ですが動きやすく人気があります。



しかしながら同ブランドはフィールドで着用するならまだしも、街ナカで着用するにはデザイン性が今ひとつな部分がございました。ちなみに近年はBlauerやRefrigiwearなどのアメリカ産のブランドは、デザインをイタリアに委託してカッコ良く生まれ変わっております。FILSONも同様にイタリアでデザインをしたFILSON ITALYというラインがありましたが、去年限りでそのラインは無くなったとのことです。

その代わりに今年からC.C.FILSONという名称の最上級ラインが加わりました。これはNigel Cabourn(ナイジェル ケーボン@nigelcabournjapan)とのコラボレーション ラインという位置付けのようです。FILSON ITALYはその製品の多くが日本向けでありましたが、C.C.FILSONは世界に向けて販売されています。



こういったオイルドコットン素材のブルゾンは合わせやすく、お色もダーク グリーンということでかなり使いやすい印象です。



このハンティング ジャケットは前部の裏側と背中にゲーム ポケットがあるので、雑誌や新聞などは余裕で収納することができます。



また今季から日本の販売代理店が変更になった関係で、今まで日本国内では入手できなかったモデルも販売されるようになりました。例えば上記はプロのハンター向けのハンティング ベストで、本国とほぼ変わらないお値段の24,000円ほどで購入することができます。

参考までにC.C.FILSONに関しては伊勢丹新宿店メンズ館の7階などで取り扱いがありますが、その他の製品についてはOUTER LIMITSにお問い合わせください。

追記:C.C. Filsonは2015年にブランドが終了となった模様です