2015年7月31日金曜日

ロールアップしたデニムとスニーカー

 
近年のデニムとスニーカーの組み合わせにおいては、足首を露出させる方法が主流であります。さらにデニムも裾幅が18cm程度と細く、ロールアップがお約束のような印象です。ちなみに40歳代の男性であっても夏季はロールアップすることによって涼しさを演出し、また実際にも多少涼しくなるのでオススメでございます。特に上質な素材などを使用した高級スニーカーを着用する場合、スニーカー全体も見せたいところであります。



足首が見えるようにスニーカーを履く場合、外から見えにくいフットカバーを履くことがあります。私もこれに挑戦しましたが、かなりの確率でフットカバーがスニーカーの中で脱げてしまいました。その他にも試しましたが、現在では靴下である程度履きこなしてから素足でスニーカーを履くことにしております。ちなみに素足と革製スニーカーで足の蒸れを気にされるのであれば、上記のように空気孔があるものを選ぶとよろしいかと思います。