2016年6月3日金曜日

海外の個性的な腕時計ストラップ

 
私は常に腕時計ストラップを探しております。特に大きな目的があるわけではありませんが、機会があれば購入してみようといったスタンスであります。そして個性的で見た目も派手なストラップとなりますと、国内においては取り扱いが少ない印象です。

近年はパネライに代表される大型の腕時計が増えてきた関係もあり、海外においてはゴツい感じのカスタマイズされたストラップを多く見かけます。しながら残念なことに日本に販売代理店が存在しないことが多く、英語を使用して海外通販を利用して購入をするのが最も現実的であります。

そういったわけでカッコ良さそうなストラップを製作している2つの工房をご紹介させていただきますが、私本人が購入して確認したわけではありません。いずれの工房のストラップもエキゾチック レザーなどを使用していることはもちろん、スティッチ(縫い目)が太くて色彩も多くなっていることが特徴です。



combat STRAPSはエキゾチック レザーなどを得意とするカナダの工房である模様です。参考までに素材の価格は以下の通りですが、カナダまたは米国ドルのどちらであるかは不明です。そして発注から到着までは最低2週間半を要するとのことです。

アリゲーター($190)・アルカンターラ($155)・第二次世界大戦で使用されたキャンバス地($165)・フレンチ アリゲーター($260)・ビンテージ レザー($155)・オストリッチ($155)・パイソン($165)・オストリッチの足($155)・サメ($165)・ヒキガエル($155)・レザー($155)・エイ($170)



Atlier du Bracelet Parisien (ABP)は海外のファッション系サイトなどでも取り上げられたフランスの時計ストラップ工房であります。一般的に動物の皮革製品は人間の食物などの副産物であり、近年では皮革のみを目的とした動物の屠殺はほとんど行われておりません。そういった理由もあってか、下記のように多様な食文化を持つフランスならではの素材も使用されている模様です。

アリゲーター&クロコダイル・アナコンダ・ビーバーの尾・バッファロー・ケイマン・子牛・ラクダ&リャマ・コブラ・コルク・牛&羊の胃・ヌートリアの尾・鹿・ツノザメ・鰻・象・エミュ・布類・ヤギ・カンガルー・ヤスリミズヘビ・トカゲ・ナイルパーチ・オストリッチ・オストリッチの足・センザンコウ・豚&ペッカリー・パイソン・サーモン・シーバス・ウミヘビ・サメ・羊・エイ・チョウザメ・ティラピア・カエル・ムチヘビ

価格帯は既成品であれば50~300ユーロ(6,000~36,000円)といったところですが、上記の皮革を使用するなどしたカスタマイズ品に関しては納期を含めて問い合わせる必要があります。