2013年4月9日火曜日

日本野鳥の会のバードウォッチング長靴

 
3年ほど前からお友達と一緒に年に数回、関東近辺の里山をガシガシ歩くことがあります。その際にブーツが必要になりまして、最初は家にあった雨の日用のBean Bootsを使用していました。しかし川辺などを歩くには短くて水没する可能性があるので、長靴タイプを探したところ日本野鳥の会のバードウォッチング長靴が良いというお話を聞いてすぐに購入しました。

この長靴は折り畳むことができるので持ち歩きに便利で、安価で見た目も悪くありません。草むらや水辺でも問題なく使用できました。ただゴム靴ですので長時間の使用で蒸れるのは仕方ありません。そして外側のかかと部分に突起があり、それを踏めば簡単に脱ぐことができるというのを昨日知りました。

購入の際のサイズですが、私は笹の切り株や釘などを踏み抜いた場合などを考慮して少し厚い中敷きに入れ替えています。そして冬場は厚手の靴下を履かないと地面からの寒さが耐え難いので、私は24.5~25.0cmの足でLサイズを履いています。ちなみにに土の汚れを落とす場合はブラシより雑巾の方が効果的でした。




0 件のコメント:

コメントを投稿