lafontのサングラスを購入しました

lafont_Harbour

新年初めてのお買い物はサングラスでございました。この1年ほど購入するタイミングを外していたのですが、ようやく納得できるサングラスを見つけたわけでございます。タイミングと申しますのは定番商品を除くメガネ類は毎年モデルが変わるので、買い逃してしまうと二度と入手できないことがあるからです。

探していたのは屋内でも使用可能な薄いレンズの色のサングラスであります。ということならフレームを購入して色付きのレンズを入れれば良いと思いがちですが、そう簡単なお話とはなりません。純正の色付きレンズはフレームとバランスが合わせてあります。このバランスを考慮しないで色付きのレンズに入れ替えたとしても、自分でイメージしたサングラスにはならないからです。

lafont(ラフォン@lafontparis)はフランスのブランドであります。これはHARBOURというモデル名で、異なるカラー バリエーションもある模様です。フランス製は2本のアラン ミクリに続いて3本目なのですが、日本製のものとは少々異なる印象があります。

逆輸入されたものを含めて日本製は装着感が比較的重要視されておりますが、フランス製やイタリア製はデザイン性が優先されている感じです。例えばイタリア製のTOM FORDのフレームではノーズパッドが無いモデルもあり、これによって鼻の部分がスッキリと見えるのですが鼻が低いアジア系の人々ですと頬骨にフレームが接触してしまいます。

参考までにこのサングラスの決め手となったのは、カクカクしたフレームと具合がよろしいレンズのグラデーションです。伊勢丹新宿店8階にて3万円弱で購入いたしました。


コメント

過去30日間の人気の投稿

イタリア人と日本人の足型の比較

Santoniの革靴を個人輸入しました

Parabootの革靴を個人輸入しました

テーラード ジャケットの袖ボタンの付け方

Furyのブラッド・ピット氏の髪型説明図