ドット柄のネクタイとストライプ スーツの組み合わせ

大きいドット柄のネクタイはカジュアルな印象となる一方で、細かいドット柄のネクタイは上品な印象となります。ただし柄に目が行きにくいので、質感が重要となります。したがってソリッド(単色)のネクタイと同じように高品質な製品を選択したほうがよろしいかと思います。



この写真ではわかりにくいのですが、スーツはピンストライプであります。もしチョークストライプのような太いストライプですと、恐らくドット柄がうまく引き立たないと思われます。また大きい襟は胸を強調するような印象であり、お色もネクタイの暗色系と良く合っております。

ちなみに案外重要なのはワイドスプレッドカラーのワイシャツであります。襟の開く角度が大きいので胸元の菱型エリアも大きくなり、結果としてネクタイがバランス良く収まっております。そして襟の角度も大きいスーツと相まって大きな角度の三角形の組み合わせとなり、キッチリとした印象を生み出しています。

参考までにこのコーディネートはどこかに大金を借りに行く場合や、何らかのハッタリをきかせる場合などに最適かと思います。

コメント

過去30日間の人気の投稿

イタリア人と日本人の足型の比較

Santoniの革靴を個人輸入しました

Parabootの革靴を個人輸入しました

テーラード ジャケットの袖ボタンの付け方

Gianluca Vacchi(ジャンルカ バッキ)氏は何者なのか?