ローマのレストランBistro' al 133

前述のミルトン ローマというホテルには朝食を提供するダイニングはあるものの、何故か同じ場所で夕食は提供されておりません。その旨をホテルのスタッフに尋ねると、歩いて30秒ほどの距離にあるBistro' al 133 [Information]をオススメしているとのことでした。



というわけで同レストランで5回ほど夕食をいただきました。メニューは黒板に色々書いてあったり、別のメニューもあるのですが面倒なので毎回Today's Specialを注文いたしました。このレストランは家族経営とのことで、店主はマッシモおじさんであります。平日であれば浅黒く日焼けしたイケメンの息子さんも働いております。

初日にマッシモおじさんに「Today's Special?」とお尋ねしたところ、「んんー、ニョッキ!」とのお答えが返ってきました。ニョッキの味付けは濃く、日本人好みかと思います。結局その「んんー、ニョッキ!」を4回聞くことになり、どうやらこのお店のSpecialはニョッキであると最終的に理解いたしました。もちろん味付けは毎回異なりました。



お値段といたしましては料理が12ユーロで、毎回ワインを注文して合計17ユーロといったところです。パンも美味しくいただきました。もしミルトン ローマに宿泊するのであれば、このレストランはオススメできると思います。また英語も通じます。そして場所柄ホテルの宿泊客も多く、私が隣の席の人に話しかけてみたところオーストラリアからの旅人でありました。

コメント

過去30日間の人気の投稿

イタリア人と日本人の足型の比較

Santoniの革靴を個人輸入しました

Parabootの革靴を個人輸入しました

テーラード ジャケットの袖ボタンの付け方

Furyのブラッド・ピット氏の髪型説明図