2015年5月13日水曜日

Borsalinoのパナマ帽

 


ここ2年ほど夏のアイテムの購入が少なかったので、ただ今夏に向けて猛烈とアイテムを揃えております。特に帽子は今年の課題でございまして、しばらく前から探しておりました。ちなみに野球帽タイプの帽子は毎年のように購入していましたが、今年はボルサリーノに代表されるパナマ帽への挑戦であります。

様々な種類のパナマ帽を試してみたところ、最終的にはBorsalino(ボルサリーノ@borsalino_world)が良いでしょうということになりました。ただしカッコが良いものはお値段が張ります。一般的なスタンダード タイプのもので4万円程度から始まる感じであります。

そして先日、セール会場で3万円以下のボルサリーノを発見いたしました。しかもサイズが私にピッタリでありました。こういった場合、迷うこと無く借金をしてでも購入するのがお買い物の鉄則でございます。なぜなら買わなかった後悔は取り返しがつかないことが多いからであります。

ボルサリーノのパナマ帽はお値段と比例して編み方が細かくなります。10万円を超えるものは見た目で違いがわかるほど滑らかで細かい編み方です。ちなみに今回購入したものは中程度の編み方のパナマ帽であります。



上記の写真のように基本的にパナマ帽は目深(まぶか)にかぶります。そして可能であればツバが平らな方が顔の形を選ばずに似合うかと思います。さらにサングラスを組み合わせると最強となります(オススメはウェリントン型のサングラスです)。



パナマ帽はスーツと合わせることができる他に、髪型がそれほど乱れない利点があります。したがって屋内で帽子を脱いだときにあまり髪型を気にする必要がありません。また屋外などにおけるパーティーにおいても問題なく着用することもできます。

参考までにボルサリーノは3年ほど前にBorsalino 18.57というセカンドラインを立ち上げました。このラインはお手頃なお値段でボルサリーノを楽しむために作られたビギナー向けとのことです。セール会場でそういった説明を伺いながら目を離したスキに、妻(飼い主)が同ラインの以下のパナマ帽を購入していました。




0 件のコメント:

コメントを投稿