とりあえずエルメスのバックルは鉄板でございます


40代ともなりますとベルトにも貫禄が必要となるご年齢かと存じます。中でもバックルに関してはスーツ着用時においては目立つ存在なので、気を遣うアイテムであります。ちなみにベルトを購入する際には、バックルのデザインにも注意を払う必要があります。ベルトのデザインが良くてもバックルで台無しになる場合もあるからです。

そういったなか、Hermes(エルメス@hermes)のベルトは世界共通のゴージャス アイテムとして人気があります。特にH型のコンスタンスは多くの国々で愛されております。参考までに上記の写真は、何かの勢いで購入したトゥアレグ(Touareg)と呼ばれる流通量が少ない純銀製のモデルであります。

コンスタンスのバックルはベルトとセットで10万円を超える定価となっており、何かのついでに購入するような価格ではございません。しかしながら着用すればファッション レベルが上がって見える不思議なベルトです。購入にあたって『このベルトはちょっと派手なので……』などと躊躇する必要はありません。どうせ世間一般の人々はエルメスのベルトとは気がつかないからです。

銀座あたりのクラブのお姉さんたちと飲食する際に着用すれば、彼女たちは間違いなくベルトの存在に気づきます。あるいは場末のクラブの世間に疎い若いお嬢さんに「そのHって何の略ですかぁ~?」などと聞かれたら「んー、変態さんのHかなぁ~」とオヤジギャクで答えれば会話が盛り上がることでございましょう。

そういったわけで一生に一本くらいは購入しても損は無いと思うのであります。特にベルトに関してはリバーシブル仕様なので、黒と茶の組み合わせにすると汎用性が非常に高くなります。そして世間にはコンスタンスに似通ったベルトが安価で多く販売されておりますが、そういったベルトを着用してもテンションが上がらないのでそれらは避けたほうが良いかと存じます。



コメント

過去30日間の人気の投稿

イタリア人と日本人の足型の比較

Santoniの革靴を個人輸入しました

Parabootの革靴を個人輸入しました

Gianluca Vacchi(ジャンルカ バッキ)氏は何者なのか?

テーラード ジャケットの袖ボタンの付け方