ブルーシャツとネクタイのコーディネート

色付きのシャツは日本ではあまり一般的ではございません。どちらかと言えば色付きスティッチあるいは色付きボタンなどのシャツをよく見かけます。しかし白シャツの次は、シンプルな薄いブルーのシャツに挑戦することをオススメいたします。

ブルーのシャツはカジュアル扱いでは無いので外資系の会社は無論のこと、よほどお固い職場でもない限りは問題ございません。ただし白シャツより汗のシミが目立つので、夏場や汗をかく環境の職場にはあまり向きません。


上記は明日にでも挑戦できるコーディネートでございます。スーツはそのままに、ブルーシャツとネイビーのネクタイを組み合わせて終了であります。このコーディネートは王道なので、失敗することのほうが困難です。派手さはありませんが、ファッションがステップアップした印象となります。


さらにステップアップする場合は茶系のネクタイを組み合わせます。このコーディネートがビシッと決まりますと、外資系エグゼクティブに変身であります。いずれの場合もネクタイは柄が少ないものを組み合わせるとよろしいかと存じます。

コメント

過去30日間の人気の投稿

イタリア人と日本人の足型の比較

Santoniの革靴を個人輸入しました

Parabootの革靴を個人輸入しました

テーラード ジャケットの袖ボタンの付け方

Furyのブラッド・ピット氏の髪型説明図