投稿

ラベル(健康・食品関連)が付いた投稿を表示しています

ハンニバルのマッスルアップ

Hannibal For King 👑さん(@hannibalforking1)がシェアした投稿 - 2017 10月 31 4:51午前 PDT
ストリートワークアウトで有名なったHannibal(ハンニバル@hannibalforking1)氏は米国にとどまらずヨーロッパ諸国でも活動している模様です。また最近ではマッスルアップのトレーニングをはじめた方々も国内において増えてきた模様です。

上記の動画はV-DIP POWERBENCHと呼ばれる製品の紹介ビデオでございます。参考までに同製品は寝かせて通常のベンチ、そして立ててディップスなどのトレーニングとして使用できるとのことです。価格は49.99ドル(5,676円)でありますが、日本への発送を行っているかどうかは不明です。

氏のマッスルアップは静的ですが、それはグリップに依存していると言っても過言では無いと思います。バーにかぶせるように握られた氏のフォールスグリップは、最初の動作から最後までまったくズレることがありません。このグリップで小指と薬指を中心に力を入れ、肘を畳んで背中に向けて引けば同じような動きが可能かと思いますが、残念ながら私はできないので想像でしかありません。

Braun Oral-B Pro 1000を購入しました

イメージ
私めは電動歯ブラシを使い始めてから10年以上になります。電動歯ブラシはあのビービーする振動が癖になりまして、普通の歯ブラシでは満足できなくなってまいります。最初はソニッケアー、次にドルツ、最近はオムロンなどと買い替えております。買い替えの理由は飽きたり、最後のオムロンの場合は電池の性能があまりよろしくなかったりしたことです。

先日購入したBraun Oral-Bは初めての丸型の電動歯ブラシであります。今までの電動歯ブラシと違って歯を強力に磨く感じがあります。電池やモーターなどの性能については現時点ではまだわかりません。欠点としては、立てるタイプの歯ブラシホルダーが付属していないことです。家族2人で歯ブラシを交換して使用する場合、立てるタイプのほうが便利なのであります。

歯に関して私はオシャレの観点からも気を使っておりますが2年前に経験した歯髄炎に伴うおぞましい痛みの恐怖から、さらにお手入れを欠かさないようになりました。

Amarena Fabbri(アマレーナ ファブリ)のワイルド チェリーのシロップ漬け

イメージ
先日、三越イタリアフェアに行ったおりにAmarena Fabbri(アマレーナ ファブリ@fabbri1905)を購入してまいりました。……と、いかにも以前から知っていた風なことを書いておりますが、イタリアにこのようなチェリー漬けがあるとは知りませんでした。また、容器がオシャレなガラス製であることも気に入りました。

容器の中には大きめのチェリーがシロップにどっぷりと浸かっています。チェリー単体で食べると極甘であります。こんな感じのチェリーをどこかで食べたような記憶があるのですが、単なるデジャヴかもしれません。これを単体で食べるのは面白く無いので、容器に添付してある写真のようにジェラートと一緒に食べることにしました。


ジェラートは私の飼い主(妻)が、テオブロマ ジェラテリア 神楽坂店で購入してきました。ちなみに器は伊勢市の陶工家・川西泰二郎氏に製作していただいたものでございます。というわけで食べてみたところ、予想通り美味しかったのであります。この組み合わせでマズイはずは無いのですが、遠慮がない甘さといった感じです。

(か)香りが濃厚白トリュフ塩

イメージ
先日、新宿伊勢丹のLADIES&GENTLEMEN(レディース アンド ジェントルメン) [Cafe Information]というカフェで食事をいたしました。普段このお店は比較的混雑してるのですが、閉店間際で空いているということもあって初めて入店しました。

当日は肉を食べたい気分が全開でしたので『熟成肉の塩ハンバーグ(1,890円)』を注文したところ、ソースと何やら見慣れない塩が付属していました。そしてハンバーグにこの塩を付けて食べると極ウマなのでありました。食事の後でこの塩についてお店に伺ったところ、白トリュフが入っている塩であるとのことでした。

そして本日購入した白トリュフ塩(1,753円・30グラム)が到着いたしまして、クリーム ベースのパスタに使用してみたところ極ウマでありました。この塩は最後の仕上げのような感じで使用するようなので、少量で十分だと思います。トリュフ自体には味が無いのですが、風味がよろしいのであります。

肉マニアな方であればこの塩を使用することにより、ワンランク上の肉ライフを送ることができるかもしれません。目玉焼きやトマトに使用してもよろしいとのことです。

Hannibal for Kingの自重トレーニング

イメージ
Training with Hannibal For King MMA

重りを使用したトレーニングに飽きていた私は4年ほど前にHannibal(ハンニバル@hannibalforking1)という人物の動画を見つけました。彼はNYC在住で主に公園などで自重トレーニングの究極系に到達いたしました。彼の動きは器械体操に通じるものがありますが、主に静的な動きが中心です。彼を一躍有名にしたのは、動画の中にもありますがMuscle Up(マッスル アップ)と呼ばれる運動です。これは鉄棒における懸垂からそのまま棒の上に体を持ち上げる動作で、器械体操における蹴上がりを無反動で行うような感じです。

さらにFront Lever(正面水平)と呼ばれる鉄棒にぶら下がった状態で体を水平に維持する動作や、Planche(上水平)から足を浮かした状態での腕立て伏せなどを簡単にやってのけることによって動画に人気が出ました。そしてそれに感化された私も挑戦してみることにしました。Front LeverやPlancheは何をどうやってもできそうも無いので、それらと比較して難易度が低そうなMuscle Upに挑戦しました。最初は体の動かし方がわからず、試行錯誤の末に無反動では無理ですが何とかできるようになりました。ちなみに2年間を要しました。

Hannibal氏と同じようなトレーニングをしている動画は多いのですが、彼の場合は体のブレが皆無でまるで重力を無視したような動きになっています。動画の中で彼は『すべてはCore(コア)である』と述べています。コア(体幹)と腹筋は意味がちょっと異なるのですが、彼の腹筋からすると相当コアが鍛えられていることは想像できます。参考までに動画の中盤で彼が行っているダイアモンド プッシュアップ(両手の人差し指と親指をつけて行う腕立て伏せ)ですが、通常胸の下に手を置くところをおヘソの下に置いております。私もちょっと試してみたところ1回目で見事に潰れました。

Magniflexの246マットレス(シングル)を購入しました

イメージ
使用していたスプリング式マットレスが寿命を迎えまして、今年になって買い換えました。以前はそれほど気にはしていませんでしたが、徐々にマットレスの固さが不均等になってきたのと、スプリング特有の軋み音がうるさくなってきたからです。購入するにあたっては複数の店舗で試し寝を繰り返しました。

試し寝をしてわかったのは、あまり固いマットレスは寝返りをしづらいということです。人によってはこれが原因で寝返りをした際に目が覚めることもあるようです。とは言うものの世の中にはあまりに多くの種類のマットレスが販売されており、とりあえず今回はスプリング式をやめて高反発マットレスとやらを購入することにいたしました。

Magniflex(マニフレックス)はイタリアのブランドでございます。こういった睡眠に関する製品でイタリア製というのは初めてでありました。他にも類似した商品がある中、Magniflexを購入した理由の一つは製品保証期間です。購入したモデル246の場合は12年間のヘタリ保証が付いていました。

だからどうしたと多くの方々は思いがちですが、イタリアの製品に12年間も保証がつくわけがないと思うのが私であります。イタリアに注文した靴が日本に違う色で送られてきた際に『オレはそっちの色の方が良いと思った』と言い訳するお国柄でございます。『間違った品物が送られてきたので注文し直してください』と言うので、その間違った品物でも良いから送ってくれと返答すると無視をするオペレーターでございます(多分品物は送られていません)。そのような国の製品が12年間の保証をするのは、最初から保証をする気が無いか、よほど本気かのどちらかしかありません。

というわけでイタリアの本気度に賭けて、初めて性能重視でイタリア製品を購入してみました。マットレスは真空パックでロール状になって送られてきました。開封して約1日で製品本来の大きさに戻るとのことです。使ってみると確かに寝返りはしやすくなりました。寝過ぎの際の腰の痛みも無くなりました。他社の高反発マットレスを使用していないので比較はできないのですが、少なくとも以前より睡眠の質は向上したので満足でございます。

お菓子 [ババ アル リモンチェッロ]

イメージ
先日、青山をウロウロしたときに気になっていたソル レヴァンテというイタリア洋菓子店に入ってみました。私はそれほどのお菓子好きでは無いのですが、ちょっと気になるお菓子があったので購入してみました。



ババ アル リモンチェッロという名称でスポンジにレモン酒が染み込んでおり、無理をすれば何とかひと口で食べられるサイズのお菓子です。普段日本のケーキの甘さに慣れていた私にとって、この甘さはひと味違う美味しさでした。何でもこのお菓子は東京在住のイタリア人が買いに来るそうでございます。場所はAoビルの裏手です。

追記:ソル レヴァンテは2014年3月に閉店しました。