投稿

ラベル(書籍・小物類)が付いた投稿を表示しています

Tuumの幅広指輪を個人輸入しました(3個目)

イメージ
先週末はブラックフライデーということで、海外の通販サイトではすべての商品が半額などというセールが吹き荒れておりました。アメリカを中心としたセールはヨーロッパにも波及しており、年に一度の大セールが開催されているサイトも数多く見受けられました。そして週末が終わると何事も無かったかのように通常の販売に戻るのであります。

毎年ブラックフライデーのセールは見送っていたのですが、今回は我慢ができずにTUUM(トゥーム@tuum_madeinitaly)のシルバー リングを購入しました。同ブランドはイタリア製のジュエリーを製造販売しておりますが、日本国内における店舗は現時点では存在しておりません。そして同ブランドのこの種類の指輪は3個目の購入となりました。


購入したのはTuumの初回購入時から利用しているKLEPSOOというイタリアの通販サイトでございます。価格は通常価格の25,875円が、70%オフの7,763円+送料2,875円で合計10,638円でありました。しかし私の指に合うサイズがあまり残っていなかったので、サイズを優先して緑色を選択しました。ちなみに日本到着時の関税の支払いはありませんでした。

購入したもうひとつの理由は、このColorというシリーズが無くなりそうな雰囲気があったからです。シルバーにエナメルで着色してあるこのシリーズは10色以上のラインナップがあったのですが、同ブランドのオフィシャル サイトでも取り扱いが縮小傾向にあります。ことによると新しいシリーズとして生まれ変わるのかもしれませんが、とりあえず消滅する前に追加購入してみようと思った次第です。

【関連記事】
(み)見せて回りたい - TUUMのブレスレット&幅広指輪
TUUMのPater Noster, Ave Mariaの幅広指輪

靴磨きの本を購入しました

イメージ
新しい靴クリームを購入した際に靴磨きの本を購入いたしました。とりあえず今までは我流で靴を磨いていたのですが、そろそろ本格的に磨こうと思った次第であります。本書は初心者にも易しく解説してあり、入門書として適していると思われます。特にピカピカに磨き上げる方法は参考になると思います。



そして上記は本の通りに磨き上げたSantoniの革靴でございます。ワックスとクリームを使い分け、入念に作業を行うと以前の方法では実現できなかった輝きが出てまいりました。また、所要時間は約40分でした。といったわけで残りの革靴も徐々に磨いていこうかと考えております。

(た)高そうに見えるNumero Due ダブル リング

イメージ
少し前からゴールドのピンキー リングを探しておりました。しかし残念ながらピンキー リングは小さいので、他の指のサイズと同じ値段では何となく損をした気分になります。そういった経緯もありまして、とりあえず比較的安価なシルバー リングを購入することにいたしました。


TUUM(トゥーム@tuum_madeinitaly)はイタリアのジュエリー ブランドで、私は指輪を含めて数回購入しております。同ブランドは主にシルバー ジュエリーを製造販売しておりますが、日本国内における販売店は存在いたしません。そしてこの指輪は"Numero Due(ヌメロ ドゥエ)"と呼ばれるダブル リングで、同じシリーズに"Numero Uno(ヌメロ ウノ)"というシングル リングもございます。


なおNumeroシリーズは新作でありまして、最近ゴールド モデルも追加されました。そして今回もイタリアのジュエリー通販サイトであるKLEPSOO@klepsoo)において送料込みの17,189円で購入いたしました。参考までに希望するサイズが欠品しており、製造元に注文した関係で到着まで約1ヶ月を要しました。

このリングは2つ合わせると幅が広くなるので、販売元では購入時にワンサイズ上げることを推奨しております。ちなみに人間の指は左右でサイズが異なる場合もあるので、必ず装着する指でサイズを計測したほうがよろしいかと存じます。

Borsalino 18.57のパイピング中折れ帽

イメージ
連休中のセールにおいてBorsalino 18.57の帽子を12,000円(税抜)のセール価格にて購入いたしました。参考までに定価は26,000円(税抜)ということであります。同ブランドはボルサリーノ ジャパンが取り扱うセカンドラインでございます。そして私にとってこの帽子は2つ目のボルサリーノとなります。

最初に購入したボルサリーノのパナマ帽はエレガントな印象なので、夏場に多用するには少々躊躇する場面がありました。したがって今回こそはプールサイドなどで使用することなどを前提に、セカンドラインを購入したわけでございます。また、この帽子は中間部分の編みが粗いので頭頂部の熱を逃がすことが可能となっております。

ちなみに同ブランドのサイズに関しては以下の点に注意をする必要があります。
※Borsalino18.57の商品は、通常サイズより0.5cm~1.0cm程小さく仕上がっております為通常サイズより一つ大きいサイズをお勧めしております。
【関連記事】
Borsalinoのパナマ帽

SEEKのフットカバー

イメージ
毎年この季節になりますと、フットカバーの悩みが始まります。最近は春夏物の靴を冬場に履き慣らして春夏のシーズンに素足で履くことにしていますが、それでもフットカバーを履いたほうが快適な場合が多いのが事実であります。そして私の場合、素足で問題なく履けるのはドライビングシューズのみとなっております。



ちなみにフットカバーの問題点はかかと部分が脱げて靴の中で丸まってイライラしたり、先端部分の縫い目が固くて指関節などに当たって痛くなることであります。この2点の問題点をクリアする商品は無いと思っていたのですが、店員さんにSEEKのフットカバーを勧められて先日購入いたしました。



このフットカバーの特徴は開口部のラバーの代わりにストレッチ テープが使用され、先端部分の縫い目が指の下に来るように配置されていることです。また指の根元部分の足底にはクッションが付けられています。価格は税込み1,296円ということで、毎年売り切れるほどの人気である模様です。

サイズは25~27cmのワンサイズですが、23cmの女性でも問題なく履くことができると伺いました。また多くの色の展開があります。履いた印象は同ブランドの下着と同じような薄い感覚で、脱げにくいと思います。参考までに以下の公式サイトでも購入可能です。

【追記】
オレンジ色のフットカバーは親指部分に爪が原因と思われる穴が開きました(4回ほど着用)。もしかすると単色のものは素材が弱いのかもしれません。